【2021年7月最新】人事・経営企画向けウェビナーまとめ

7/8 10:00-11:00『学習する組織をつくる新常識「リフレクション」~内省から始める自律型組織の実現~

■見どころ

  • 人事の新常識、リフレクションの実践方法が分かる
  • 学習する組織を創るためのプロセスやポイントが学べる
  • 実務と理論の両輪を経験された登壇者より、組織に役立つ気づきが得られる
  • 登壇者とのインタラクティブなやりとりを通して組織づくりの気づきが得られる

■参加方法・詳細

  • 日程:2021年7月8日 10:00~11:00
  • 参加費:無料
  • 利用ツール:Zoom

    ■登壇者

    熊平美香 氏
    昭和女子大学キャリアカレッジ 学院長
    一般社団法人21世紀学び研究所 代表理事

    ハーバード大学経営大学院でMBA取得後、金融機関金庫設備の熊平製作所・取締役経営企画室長などを務めた後、日本マクドナルド創業者に師事し、新規事業開発を行う。1997年に独立し、リーダーシップおよび組織開発に従事する。2009年より日本教育大学院大学で教員養成に取り組む傍ら、未来教育会議を立ち上げ、教育ビジョンの形成に尽力。2015年に一般社団法人21世紀学び研究所を設立し、リフレクションの普及活動を行う。
    昭和女子大学キャリアカレッジではダイバシティおよび働き方改革の推進、一般財団法人クマヒラセキュリティ財団ではシチズンシップ教育に取り組む。Learning For All等教育NPO活動にも参画。文部科学省中央教育審議会委員、内閣官房教育再生実行会議高等教育ワーキンググループ委員、国立大学法人評価委員会委員、経済産業省『未来の教室』とEdTech研究会委員、などを務める。2018年には、経済産業省の社会人基礎力に、「リフレクション」を提案し、採択される。
    著書に 『チーム・ダーウィン「学習する組織」だけが生き残る』(英治出版)がある。

     

    7/1 10:00-11:00『リーダーシップ3.0、そして4.0へ~関係性を起点とした自律型組織づくり~

    ■見どころ

    • リーダーシップの変遷を体系的に理解できるようになる
    • 自律型組織をつくるためのヒントが得られる
    • 関係性を起点としたリーダーシップの在り方について学べる
    • 登壇者とのインタラクティブなやりとりを通して組織づくりの気づきが得られる

    ■参加方法・詳細

    • 日程:2021年7月1日 10:00~11:00
    • 参加費:無料
    • 利用ツール:Zoom

      ■登壇者

      小杉 俊哉 氏
      合同会社THS経営組織研究所 代表社員
      慶應義塾大学大学院理工学研究科 訪問教授

      早稲田大学法学部卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。自費でマサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学大学院修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ人事総務本部長兼米アップル社人事担当ディレクターを経て独立。
      慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、合同会社THS経営組織研究所を設立。立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授、慶應義塾大学大学院理工学研究科特任教授を歴任。 ビジネス・ブレークスルー大学大学院客員教授、ふくおかフィナンシャルグループ・福岡銀行、エスペックなどの社外取締役を兼任。3組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるために、組織と個人の両面から支援している。