風通しの良い職場とは|風通しの良い職場づくりのための6つの施策

3.風通しの良い職場づくりのための6つの施策

風通しの良い職場にしたいが、何から手をつけたらいいかわからないという会社も多いかもしれません。ここでは、取り入れやすく、他社ですでに効果が出ている施策を6つご紹介します。

1.サンクスメッセージを送り合う

2.上司と部下で1on1ミーティングを行う

3.メンター制度、ブラザーシスター制度は新入社員の早期離職防止になる

4.フリーアドレス制度を導入

5.定期的に社内イベントを開催する

6.ウェルカムランチ開催も効果的

一気に6つ全てを導入するのは難しいですが、1つからでもかまいませんので、できるところから行なっていきましょう。

3-1.サンクスメッセージを送り合う

比較的、手軽に導入できるのが「サンクスカードを送り合う」という施策です。サンクスカードとは、名刺大のカードに感謝の気持ちや讃える気持ちを手書きしたもので、社員同士で贈り合い、お互いに褒め称え合います。

サンクスカードは、ザ・リッツ・カールトン東京や東京ディズニーリゾートで実施されていることで有名ですが、最近では、ネット環境を利用してもっと手軽にメッセージを送り合うことができるサンクスカードアプリも登場しています。

社内スタッフ同士で成果給を贈り合える「ピアボーナス制度」という仕組みもあります。日頃の仕事の成果や行動に、感謝や賞賛するメッセージとともに、少額の成果給(ピアボーナス®)を送りあえるwebサービスで、自然に褒め合う習慣をつけることができます。

3-2.上司と部下で1on1ミーティングを行う

1on1ミーティング」とは、上司と部下が30分程度の短いミーティングを定期的に行うものです。通常は直属の上司と行いますが、役員との短い面談や他部署の上司クラスとの面談を行う場合もあります。

短い時間であっても、定期的に上司と部下が顔を突き合わせてミーティングを行うことで、上司は部下のストレス状況を把握したりメンタルの不調を早期に発見できるほか、部下も上司と密なコミニュケーションが取れる場が定期的にあることで、安心感を得ることができます。

3-3.メンター制度、ブラザーシスター制度は新入社員の早期離職防止になる

メンター制度、ブラザーシスター制度とは、新入社員一人一人に対して、先輩の社員がメンター(助言者・指導者)またはブラザーもしくはシスター(兄・姉)役となり、新入社員に対して仕事の進め方や仕事に対する考え方をアドバイスしたり、社会生活の不安や心配事を聞くなどしてサポートする教育制度です。

新入社員の入社後の緊張感や心細さを解消することができるので、早期離職防止対策になります。

3-4.フリーアドレス制度を導入する

会社におけるフリーアドレス制度とは、様々な部署の人同士の交流を目的として、個人個人の固定の席を設けずに、好きな席に座って業務を行う制度です。

やり方は企業ごとにさまざまあり、毎日座る席をシャッフルする企業もあれば、数ヶ月ごとに定期的な席替えを行う企業もあります。

3-5.定期的に社内イベントを開催する

定期的に行われる歓送迎会などの他にも、さらに社内の親睦を深めるために定期的に社内イベントを開催しましょう。規模の大きい会社であれば、普段なかなか話すきっかけがない支店や他店舗の人たちと交流でき、社内のコミュニケーション活性化が期待できます。

社内旅行や社内運動会、夏場ならバーベキュー大会などが一般的ですが、企業ごとにオリジナルのイベントを企画してみることもいいでしょう。強制的に参加をさせるのではなく、こんなイベントなら参加してみたい!と思わせる企画を立てることが大切です。

3-6.ウェルカムランチ開催も効果的

「ウェルカムランチ」とは、新たに社員が入社したタイミングで、先輩社員が新入社員と一緒にランチに行く制度です。新卒の社員だけでなく中途入社したスタッフに対してもウェルカムランチを開催し、温かい雰囲気で迎え入れましょう。

ウェルカムランチだけでなく、他部署との交流を目的とした「ランチ会」を定期的行うのも効果的です。ウェルカムランチには会社から補助を出しているケースが多く、補助が出ることで気軽に開催することが可能になります。

次ページ「風通しの良い職場づくりの4つの事例」

本質的な課題と向き合える

無料メールマガジン

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記のようなコンテンツをご用意しています

  • 組織改革のコツがわかる特選事例
  • 学びが深まるオリジナルコラム
  • メルマガ限定 最新イベント情報