モンスター社員5タイプの見分け方とタイプ別モンスター社員の対処法


5.今後モンスター社員を生み出さないためにできること

本章では、企業レベルでできるモンスター社員をシャットアウトする方法をまとめました。

①採用時に見抜く 

モンスター社員を社内に入れるまえにシャットアウトできれば理想です。

面接時に見抜くポイントとして、

  • 早期退職や転職回数が多い
    前職で何らかの問題を起こした場合があります。
  • 面接時に必要な書類を揃えてこない
    働くことへの自覚があれば、必要書類は揃えてきます。揃わない時点で問題ありです。
  • 経歴への先入観を持たない
    モンスター社員は一流企業からも流れてくる可能性があります。優秀な人ほど嘘も上手なので、相手の話し声、挙動なども総合して判断しましょう。

また、すでに企業が採用している性格テストや適正テストがあると思いますが、さらに数種を追加することを強くオススメします。性格テストを多数しても疑わしい結果の場合は採用しない方向を人事で固めておきましょう。

②評価基準や規約の見直し・改定

自社の採用基準や評価基準が、能力や業績ばかりを基準にしていないか見直す必要があります。放置すると、その社員は協調性や共感力を身につけないまま昇進し、いつかモンスター化する可能性と危険性があります。

評価基準や規約の見直しを定期的に行い、いつの時代でも誠実に働いている社員が不利益にならない、公平で正当な評価基準の維持が必要です。また、そのようにして出来上がった規約などは、必ず全従業員が目を通す機会を設け「認知」させます、もちろん就業規則にも記載をします。


まとめ

いかがでしたでしょうか。モンスター社員について

1.モンスター社員の3大特徴
2.種類別 モンスター社員の見分け方
3.種類別 「今・そこにいる」モンスター社員の対処法
4.モンスター社員を抱えるリスク
5.今後、社内にモンスターを生み出さないためにできること

をまとめました。モンスター社員の判断基準と、適切な対処法、放置しておくとどうなるのかなど総合的に理解が進んだかと思います。今、モンスター社員に悩まされている人も、これから自社にそのような人材を呼び込まないようにするための場合にも、きっと役に立つと思います。

組織課題解決のノウハウをお届け メールマガジン登録はこちらから バナーを閉じる