モチベーションを上げる具体的方法9つ|リーダーが部下へできること


1.モチベーションとは

モチベーションとは人が何かを行うための動機や意欲、心理的な理由になるものを意味します。やる気、刺激、熱意などという意味にあてはめられ使われる場合もあります。

日本語では「動機づけ」、つまり第三者に動機を与えたり引き出したりすることも指します。

1-1. 内発的モチベーション

モチベーションには内発的なものと外発的なもの、2つのタイプがあると考えられています。

このうち仕事の達成感、自分の成長欲、知的好奇心から生じる、自己の内部から発生する意欲を「内発的モチベーション」と呼びます。

1-2. 外発的モチベーション

一方、外部から与えられる報酬や称賛、名誉や肩書、金銭などを目標とする意欲をさします。
またペナルティなどのネガティブな要因も(それを与えられないために)行動する意欲となります。

1-3. それぞれのモチベーションの特徴

仕事においては内発的モチベーション、外発的モチベーションともに必要です。

理由として、内発的に動機付けられ起こされる行動は持続性が高いことが上げられます。そのため、特に創造性のある仕事や粘り強く挑戦し続ける仕事には欠かせない要因でしょう。しかし、一定の結果を短期間に出す状況の場合は外発的に動機付けられた行動の結果のほうが効率的であるという研究結果は20世紀から知られています。
そのため、よい仕事をするには、どちらのモチベーションもバランスよく必要ということになります。

内発的モチベーションは自分自身でコントロールし鍛える必要があります。外発的モチベーションは他者から与えられるため自分ではコントロールしづらいものです。
例えば会社という組織ならば、社員一人ひとりが自分の内発的モチベーションを高め持続させる努力をするとともに、上司は部下にやる気を出させられるよう職場の雰囲気を良くし、2つのモチベーションを同時に高められる環境や仕組みづくりが必要といえるでしょう。

次ページ 「自分」と「他人」のモチベーションを上げる具体的な方法

組織課題解決のノウハウをお届け メールマガジン登録はこちらから バナーを閉じる