モチベーションを上げる具体的方法9つ|リーダーが部下へできること

1.モチベーションとは

モチベーションとは、人が何かを行うための動機や意欲、心理的な理由になるものを意味します。

やる気、刺激、熱意などという意味にあてはめられ使われる場合もあります。

日本語では「動機づけ」、つまり第三者に動機を与えたり引き出したりすることも指します。

モチベーションには内発的なものと外発的なもの、以下2つのタイプがあると考えられています。

1-1. 内発的モチベーション

仕事の達成感、自分の成長欲、知的好奇心から生じる、自己の内側から発生する意欲を「内発的モチベーション」と呼びます。

1-2. 外発的モチベーション

外部から与えられる報酬や称賛、名誉や肩書、金銭などを目標とする意欲を指します。
また、ペナルティなどのネガティブな要因も(それを与えられないために)行動する意欲となります。

1-3. 仕事には内発的・外発的両方のモチベーションが必要

仕事においては内発的モチベーション、外発的モチベーションともに必要です。

両方がバランスよく存在することで、質の高い仕事ができるようになります。

  • 内発的モチベーションが求められる場合

例えば、新たなものを生み出す創造的な仕事、粘り強い挑戦が求められる仕事では、すぐに表立った成果が出ないことも珍しくありません。

そんな時は、自分の内面から湧いてくる意欲の有無が、仕事の質を左右します。

「それをしているだけで楽しい」「好奇心が満たされる」といったものが自分の中にあると、すぐには成果に結びつかなくとも、

高いモチベーションを保ちながら仕事に取組み続けることができるのです。

実際、内発的モチベーションから起こる行動は、これまでに行われた様々な研究から、持続性が高いことがわかっています。

 

  • 外発的モチベーションが求められる場合

短期間に一定の成果を出さなければならない場合、外発的に動機付けられた行動の方が効率的である、という研究結果があります。

「今月売上○○円を達成したら、○○をあげる」といった形で、期間とゴールと報酬を設定され意欲が湧いた、

という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

参考記事:マネジメントは「叱る」より「褒める」が効果あり!その根拠とすぐ使える効果的な褒め方

内発的モチベーションは、自分自身でコントロールし鍛える必要があります。

一方、外発的モチベーションは他者から与えられるため、自分ではコントロールしにくい領域です。

つまりモチベーションが高い組織をつくるには、社員一人ひとりが自分の内発的モチベーションを上げ、持続させる努力をするとともに、

マネージャーやリーダーは一人ひとりのやる気を引き出せるよう、内発的・外発的モチベーションを高められる職場環境や仕組みづくりを行う必要があるのです。

毎日1分のマネジメント習慣でモチベーションを高める「Unipos」の詳細はこちら

次ページ「『自分』と『他人』のモチベーションを上げる具体的な方法

自己成長と、組織成長につながる

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。モチベーションマネジメントや人材育成に関する実践的な知識が得られる、組織の成長やステップアップを目指すマネージャーにおすすめの情報をご提供しています。