心理的安全性を高めるゲームとは?4つの効果と体験事例を解説!

5.ゲームを実施する際の3つの注意点

心理的安全性を高めるゲームの効果を発揮するためには、実施の際に注意しておくべき点があります。3つの注意点を以下で見ていきましょう。

5−1.実際のチームメンバーで取り組む

心理的安全性を高めるゲームでは、ゲームを通して学んだことを実践に移しやすくするため、できるだけ実際のチームメンバーで取り組むことを推奨します。

もちろん、あまり関わらないメンバーで行っても学びは得られますが、集中的に心理的安全性の高まりを目指す場合には、望ましくないでしょう。

5−2.必ず振り返りを取り入れる

ゲームによって心理的安全性の概念を体感できますが、「他のメンバーも自分と同じように感じているのだろうか?」と、疑問が生じます。

人によって、何が心理的安全に効果があると考えるかも異なるものです。

そのため、振り返りやディスカッションの時間を十分に確保し、さらにその内容を他のチームとも共有するのが、ゲームの効果を最大限に発揮するポイントだと言えます。

5−3.進行は柔軟に

ゲームのルールは、あくまで基本ルールです。

それぞれの意見を柔軟に取り入れ、チームにとって効果的な方法で進行していくと良いでしょう。

「もっとこうしたら、効果的なゲームになるのでは?」といった意見を言いやすく、受け入れやすい環境こそが、まさに心理的安全性の高い環境でもあります。

毎日1分のマネジメント習慣で心理的安全性を高め、社内コミュニケーションを活性化させる「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

6.まとめ

今回の記事では、心理的安全性を高めるゲームについて解説しました。

改めて、記事の内容について振り返ってみましょう。

・心理的安全性を高めるゲームとは、「心理的安全性の高いチーム」について体感しながら理解を深めていくゲーム

・心理的安全性を高めるゲームでは、以下の4つの効果が期待できる

 ・心理的安全性の概念を理解できる

 ・学びを実践に移しやすくなる

 ・常に考える姿勢が身に付く

 ・失敗や懸念がオープンになる

・心理的安全性を高めるゲームの代表例は、以下の2つ

 ・心理的安全性ゲーム

 ・ベストチーム

・ゲームを実施した2社の企業事例

 ・キラメックス株式会社

 ・東京未来大学

・ゲームを実施する際の3つの注意点

 ・実際のチームメンバーで取り組む

 ・必ず振り返りを取り入れる

 ・進行は柔軟に

心理的安全性が高い組織・チームは、ますます成長していくでしょう。

この記事が、心理的安全性に対する意識改革の一助となりましたら幸いです。

毎日1分のマネジメント習慣で心理的安全性を高め、社内コミュニケーションを活性化させる「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

課題解決ノウハウをお届け

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記コンテンツ等をご用意しています

  • 具体的な心理的安全性を向上させる実践ワーク
  • メルマガ限定 最新イベント情報
  • 他社の取り組み特選事例