心理的安全性を測定する方法とGoogleに学ぶ心理的安全性の高め方

Googleの実証研究で一躍有名となった「心理的安全性」を取り入れた組織づくりをしてみたい、そう考える企業が増加しています。

そこでまず「うちの社員の心理的安全性ってどれくらいなんだろう?」と、心理的安全性を測ってみたいと思う方や、

「測ってみたいけど、部下たちの心理的安全性が低かったら、どうしよう…」と不安を感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、心理的安全性の本質を知れば、心理的安全性が低いからといって不安に感じる必要はまったくありません。適切なアプローチを行えば、どんな職場でも心理的安全性を高めていくことが可能だからです。

ただ、ここでひとつ注意したいのは、多くの人が心理的安全性の“本当の意味”を勘違いしているのです。

例えば、“心理的安全性が高い状態”とは「スタッフ同士が仲良しで、職場の居心地が良く、プレッシャーがなく安心できる」というイメージがありませんか?

実はこれは間違いです。逆に、職場の心理的安全性を高めると、厳しいフィードバックや激しい議論も可能になるのです。

この記事では、多くの人が誤解しやすい心理的安全性の本当の意味、測定方法、心理的安全性を高めるためのGoogleを参考にしたメソッドまでわかりやすく解説します。

下記の3つのポイントに沿って解説をしていきますので、

・心理的安全性って何?

・どうやって測るの?

・高めたいけど、どうすれば良いの?

最後まで読み終えれば、心理的安全性を自分の職場でどう活かしたら良いのか、すべきことが明らかになるでしょう。さっそく続きをご覧ください。

1.心理的安全性とは何か?知っておくべき基礎知識

心理的安全性を測るためには、まずは正しい理解が不可欠です。そこで、心理的安全性の測り方をご紹介する前に、この章では「心理的安全性とは何なのか」について基礎知識を解説します。

すでに心理的安全性についてご存じの方は、この章はスキップして、次章の2.「心理的安全性を測定する方法 」からご覧ください。

心理的安全性は「Psychological Safety」を日本語に訳した言葉です。その概念は1960年代のアメリカでの組織変革に関する研究に端を発しています。

1999年に心理的安全性研究の第一人者であるハーバード大学のエイミー・C・エドモンドソン教授が「チームの心理的安全」という言葉をグループレベルの構成概念として紹介したことで、大きく注目されました。

1-1.Googleによる定義

エドモンドソン教授が提唱した「チームの心理的安全」をマネジメントに取り入れたのがGoogleです。Googleでは心理的安全性を下記のように定義しています。

心理的安全性とは、対人関係においてリスクある行動を取ったときの結果に対する個人の認知の仕方、つまり、「無知、無能、ネガティブ、邪魔だと思われる可能性のある行動をしても、このチームなら大丈夫だ」と信じられるかどうかを意味します。

心理的安全性の高いチームのメンバーは、他のメンバーに対してリスクを取ることに不安を感じていません。自分の過ちを認めたり、質問をしたり、新しいアイデアを披露したりしても、誰も自分を馬鹿にしたり罰したりしないと信じられる余地があります。出典:Google re:Work

簡単にまとめると、“他の人から「こいつは無能だ」「仕事ができない」などネガティブに思われそうな行動をしても、このチームなら大丈夫!と信じられるかどうか”が、心理的安全性の意味するところです。

例えば、会議中に「よくわからないから質問したい」と感じたとします。しかしメンバーから「そんなこともわからないのかよ」と馬鹿にされるかもしれない。だから発言ができない。これは心理的安全性が低い状態です。

逆に、「自分が何を発言しても、誰にも馬鹿にされない。罰せられることがない」という信頼感の元に、のびのびと思ったままを発言できる。これが心理的安全性が高い状態です。

つまり、「他の人のネガティブな反応を心配する必要がなく、自分らしさを十分に発揮しながらチームに参加できるという実感」が心理的安全性だといえます。

1-2.心理的安全性はチームごとに異なる

ところで、「“チームの”心理的安全性」という表現に、違和感を覚えた方もいるかもしれません。

エドモンドソン教授を源流とする心理的安全性は、個々人ではなく、グループレベルの構成概念としての心理的安全性に着目しています。

以下はエドモンドソン教授の書籍からの引用です。

一九九九年に、私は「チームの心理的安全」という言葉をグループレベルの構成概念として紹介した。研究からわかっているのは、心理的安全は従業員一人ひとりの性質ではなく単一体としてのチームを特徴づけるということだ。

多くの組織といくつかの産業にわたって行った一連の研究で、心理的安全は、同じチームのメンバーやチーミングを実現しようとしているメンバーなど緊密に仕事をする人たちが同様に覚えるものであることもわかった。これは、ともに仕事をする人々は状況から受ける同じ一連の影響を与え合う傾向があるからであり、また人々の認識は共通の重要な経験から生まれるからである。

出典:エイミー・C・エドモンドソン『チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ』英治出版,2014年

まとめると、

・心理的安全性は従業員一人ひとりの性質ではなくチームの特徴である

・チーム内のメンバーは心理的安全性を同様に感じる

つまり、心理的安全性を高めるためには、個々人にアプローチするのではなくチーム全体にアプローチする必要があるのです。

1-3.心理的安全性が高いチームの特徴

では、心理的安全性が高いチームには、どのような特徴があるのでしょうか。

エドモンドソン教授が『チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ』で説いている“心理的安全性が高いチームの特徴”を2つ、ご紹介します。

▼期間限定!心理的安全性に関する資料がダウンロードいただけます▼

次ページ「心理的安全性が高いチームの特徴」

課題解決ノウハウをお届け

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記コンテンツ等をご用意しています

  • 具体的な心理的安全性を向上させる実践ワーク
  • メルマガ限定 最新イベント情報
  • 他社の取り組み特選事例