仕事におけるチームワークの重要性!チーム力を高めるための5つの方法

2 チームワークを高めるための5つの方法

実際に社員同士のチームワークを高めるにはどうすればいいのでしょうか?

以下の5つの方法をご紹介します。

1.リーダーがメンバーを取りまとめる

2.チームとしての目標を意識する

3.メンバーの役割を明確に

4.柔軟なコミュニケーションの実施 

5.メンバーのスキルを合わせる

 チームをうまく統率できる人材によるリーダーシップの発揮や、メンバー間の友好的な人間関係に加え、チームの選定に携わる部分のポイントについてまとめました。

2−1 リーダーがメンバーを取りまとめる

 チームが実力を発揮するためには、メンバーをまとめあげるリーダーの存在が不可欠です。スキルや経験、個性が異なる社員同士の意見をしっかりとまとめ、各自が能力を発揮できるチームづくりのためには、強力なリーダーシップが求められます。

ときにはメンバー同士の意見が対立することもありますが、リーダーとして双方の話を聞き、目標達成のためにふさわしい方法を選択する必要があります。その際には、採用されなかった意見の側に対してフォローするのを忘れないようにしましょう。

チーム内の調和を保つためにも、リーダーの存在が必要不可欠なのです。

2−2 チームとしての目標を意識する

 チームがしっかりとまとまるためには、メンバー間で共通の目標を意識することが大切です。異なる個性を持つメンバー同士を噛み合わせるために大きな目標を立て、それに向かって進んでいくのです。

メンバーに対して目標をきちんと共有しておけば、方向性が統一されるため意見の対立などが起こりにくくなります。

立てる目標には具体性を持たせるのが効果的です。数値を盛り込んだり、達成までの期間を定めたりすることで、いつまでにどのようにして仕事を進めていけばよいかを明確にできます。

・営業利益を前年比120%にする

・既存のウェブサイトを改善し、アクセス数を150%にする

・年度末までにプロジェクトを完成させる

上記のような具体性のある目標にするとよいでしょう。

 

また、あまりに高すぎる目標を設定した場合、チームのメンバーが気後れしてしまう場合があります。それを防ぐためには、最終目標とは別に中間目標を決めておき、段階を踏んで達成していけるように工夫しましょう。目標へ向かう途中でチームがバラバラになることを予防できます。

2−3 メンバーの役割を明確に

 チームワークがうまく発揮されるチームづくりのためには、メンバー同士の役割を明確にすることが欠かせません。チームが定めた目標に対して各メンバーが自分の役割を把握することで、求められる能力を発揮しやすくなります。チームワークによる相乗効果が期待できるようになるのです。

社員が苦手とする分野に工数をかけるよりも、得意分野で活躍できるほうが、チームへの貢献度は飛躍的に高まるでしょう。

また、同じチーム内には得意とする役割が異なるメンバーを選定するようにしましょう。多様性を持たせることで相乗効果を生みやすくなり、生産性の向上につながります。

メンバー同士が長所を発揮し短所をカバーし合えるよう、リーダーがうまく調整していくことも大事です。

2−4 柔軟なコミュニケーションの実施 

 安定したチームワークを持続させるためには、円滑なチームの運営が欠かせません。互いに異なる個性を持ったチームメンバーが協力し合える体制づくりのためには、柔軟なコミュニケーションを心がける必要があります。

チームワークが発揮される土壌づくりのためには、メンバー同士でお互いの性格や長所と短所、仕事に対する姿勢などへの理解を深めておくのが効果的です。そのためには、日常的なコミュニケーションが不可欠です。お互いを認め、尊重し合う姿勢を大切にしましょう。

チーム内でのコミュニケーションの取り方は口頭での説明やメールの他、チャット、社内SNS社内ポータルサイト内の掲示板などの活用がスムーズです。

また、チーム内での報告・連絡・相談を徹底するようにしましょう。チームで作業を進めるため、自己判断で突き進まないよう、足並みを揃える必要があるのです。

2−5 メンバーのスキルを合わせる

 チームを結成する際には、個人の知識やスキルをベースにしますが、能力がある程度均等になるようにするのが効果的です。チーム内でメンバーの能力に大きな差がある場合、高いスキルを持つ社員に負担が集中しがちになります。特定のメンバーだけが活躍する状況ではチームワークが十分に発揮されているとはいえません。

メンバー同士がお互いをライバル視しながら、切磋琢磨できる環境を作ることで、継続したチーム力の向上が期待できます。チームワークによる相乗効果を高めるためには、リーダーが主体となり、メンバーの育成にも力を入れていきましょう。

次ページ「仕事上でチームワークを高める5つのメリット」

本質的な課題と向き合える

無料メールマガジン

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記のようなコンテンツをご用意しています

  • 組織改革のコツがわかる特選事例
  • 学びが深まるオリジナルコラム
  • メルマガ限定 最新イベント情報