【管理職必読】若手社員の悩みを解消する為の3施策と5つの指導方法

2.若手社員の悩みを早めに解消したほうがいい3つの理由

なぜ、若手社員の悩みを早く解消したほうがいいのか、その3つの理由をご紹介します。

・仕事のモチベーション低下を防ぐ
・他の若手社員への悪影響をなくす
・早期離職防止

ひとりの悩む若手社員を放置してしまうことで、社内の雰囲気が悪くなったり、士気が下がる原因にもなります。若手は同世代の動向に敏感に影響を受けやすいので、早めに悩みを解消するようにしてください。

2-1.仕事のモチベーション低下を防ぐ

若手社員の悩みを早めに解消することで、モチベーション低下を防ぐことができます。悩みごとは、仕事への集中力を低下させ同時にモチベーションも下げてしまうからです。若手社員は、ベテラン社員と違って、業務に関して覚えなくてはいけないことも多く、それだけで強いストレス状態にあります。悩みが深くなってしまうと、メンタル面にまで影響を及ぼしてしまうこともあるので注意が必要です。

2-2.他の若手社員への悪影響をなくす

早めに若手社員の悩みを解消すれば、他の若手社員への影響をなくすことができます。若手社員同士は、対面では当たり障りのない会話をしていても、ネット環境では深くつながり、チャットツールなどを利用して、お互い愚痴を吐きあったり悩みを打ち明けあったりしています。

若手の世代は横の連帯感が強い傾向があり、ひとりが深く悩んでいることに周りが影響を受けてしまうことが多くあります。早めにひとりの悩みを解消することで、周りを巻き込むことがなくなります。

2-3.早期離職防止

早めに若手社員の悩みを解消すれば、早期離職も防止できます。悩みがあると引きこもってしまう傾向が強い若手は、上司や同僚に助けを求めたり、自分から悩みを打ち明けたりせず、突然会社を辞めてしまうことも少なくありません。

若手社員が悩んでいることに早めに上司が気づいて、声をかける、相談に乗るなどの対応をすることで、内側に引きこもってしまうことを防止し、早期の離職も防ぐことができます。

次ページ 最近の若手社員の傾向と対策

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。