ダイバーシティ&インクルージョンとは?意味と具体例、メリットを解説

「ダイバーシティ&インクルージョンという言葉をよく聞くけれど、あまり意味がわかっていない」

「これからはダイバーシティやインクルージョンが重要だというが、何をどうやって進めればいいのだろうか?」

ビジネスシーンで「ダイバーシティ」「インクルージョン」という言葉が出るたびに、そんな疑問やモヤモヤを感じている人も多いのではないでしょうか。

語義を調べると、「ダイバーシティ=多様性」「インクルージョン=包括・受容」という意味だとわかります。

したがって、よく使われる「ダイバーシティ&インクルージョン」という表現は、「人材の多様性(=ダイバーシティ)を認め、受け入れて活かすこと(=インクルージョン)」となります。

性別、年齢、国籍などが違う人々に、それぞれの個性や能力に応じて活躍できる場を与えよう、という考え方です。

具体的には、

・女性の活躍推進

・外国人雇用の促進

・高齢者の活用

・障害者の活躍推進

LGBTへの理解促進

・多様な働き方制度の整備

などが含まれます。

実際にこれらを推進している企業では、優秀な人材が定着するようになったり、社員のモチベーションが向上したりといった成果が上がっているようです。

そこでこの記事では、

◾️ダイバーシティ&インクルージョンとは何か

・その考え方

・重視されるようになった背景

・「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の関係性

・ダイバーシティとは

・インクルージョンとは

◾️ダイバーシティ&インクルージョンの具体例

◾️ダイバーシティ&インクルージョンを推進するメリット

◾️ダイバーシティ&インクルージョンの推進を妨げる問題点

といった基礎知識から詳しく解説していきます。

その上で、さらに実践的な、

◾️ダイバーシティ&インクルージョン推進のために企業がすべきこと

◾️ダイバーシティ&インクルージョンを実践する際の注意点

◾️ダイバーシティ&インクルージョンを知るための参考文献

などについても具体的に提示していきます。

この記事を最後まで読めば、ダイバーシティ&インクルージョンの初歩から実践までがひととおり理解できるはずです。

これを踏まえて、あなたが正しくダイバーシティ&インクルージョンを推進できるようになることを願っています。

強いチーム作り・エンゲージメントの高い組織づくりの落とし穴からポイントまで実践術を徹底解説!無料ウェビナー開催中

次ページ ダイバーシティ&インクルージョンとは

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。