やる気のない社員の特徴とモチベーションを上げる4つのポイント

あなたは今、会社にいる「やる気のない社員」のことでお困りではありませんか?

やる気のない社員のやる気のなさは周囲に伝播し、他の社員のモチベーションまで下げてしまう可能性があります。

やる気のない社員がチーム全体の足を引っ張り、成果にも悪影響が出る、そんな事態は避けたいものです。

とはいえ「どうしたらやる気を引き出せるのか見当もつかない…」と思った皆さま、ご安心ください。

やる気のない社員のモチベーションを上げることは意外と簡単で、誰にでもできます。

ポイントは、以下の4つの見直すことです。

  • コミュニケーションのあり方
  • 育成プラン
  • 事業プラン
  • 評価制度

これらを改善すれば、やる気のない社員だけでなく、社員全員がイキイキと働いてくれるようになり、会社全体の生産性向上も見込めるようになります。

この記事では、

  • やる気のない社員の特徴
  • やる気のない社員のモチベーションを上げる方法
  • やる気のない社員にしてはいけないこと

を詳しくお伝えしていきます。

最後までお読みいただければ、やる気のない社員を生き生きと働く社員に生まれ変わらせ、チームや組織をより良いものにするヒントがきっと見つかるはずです。

毎日1分のマネジメント習慣で社員のモチベーションを高める「Unipos」の詳細はこちら

1.やる気のない社員の特徴

やる気のない社員がいる場合、やる気のない原因を掴み、素早く対処することが大切です。
なぜなら「やる気のなさ」は周囲に伝播し、拡大する傾向があるからです。

ちなみに「やる気がない=仕事ができない社員」とは限らず、世の中には「成績が良くてもやる気がない社員」もいます。

優秀なのにやる気がない場合、周囲に与える影響はより大きく「こんなに優秀な人がやる気がないとすると、会社側に何か問題があるのではないか」と他の社員が会社への不信感を持つキッカケにもなりかねません。

まずは1章でやる気のない社員の特徴をつかみ、その理由(ホントの気持ち)を2章で確かめていきましょう。「やる気がでない」その背景に潜む理由を的確に把握することが、やる気のない社員を変える第一歩です。

1-1.無気力で覇気がない

全体的に無気力で元気がないタイプです。

「やる気がない」が頂点まできている場合もありますが、体調不良やうつ病といった心身の病が潜んでいる場合もあるので、注意が必要です。
(「つらい、もう限界」「死にたい」と漏らしたり記憶が飛ぶなどの症状が見られる場合は、会社の産業医に相談した方がよいでしょう)

<具体例>

  • 指示を出しても返事がないので分かったのか、分からないのか、不満なのか、何なのかよくわからない
  • 喜怒哀楽が少なく、表情がボーッとしている
  • 机で居眠りしがち
  • 天候の悪い日や忙しくなると休んだり、遅刻・早退しがち
  • 周囲との会話が極端に少ない
  • たまに発言すると、ネガティブな言葉が多い

1-2.会社やまわりの人の愚痴や文句、批判ばかり言う

会社や環境、まわりの人の悪口や批判ばかり言うタイプです。
元気があって攻撃的な場合と、無気力で他力本願な場合があります。

<具体例>

  • できないのは会社のやり方が悪いから、まわりが教えてくれないから、誰々が悪いからと延々と人のせいにする
  • 中途で入社してきて、会社の体勢に文句ばかり言う
  • 持論を陰で言うだけで、表で実行しようとしない
  • 自分の自慢が多い(特に過去の)

1-3.言われた最低限のことしかやらない

言われた最低限のノルマだけを時間いっぱいかけてやり、それ以上のことはやりたがらないタイプです。
仕事に楽しさを見いだせていないか、仕事は生活のために仕方なくしている、といったスタンスの方が多いようです。
何をしていいかわからない新入社員にもよく見られます。

<具体例>

  • 「はい」と返事は良く、静かに仕事をこなすが、言われたこと以上のことは絶対やらない
  • 何か失敗があっても「指示されていません、聞いていません」と言う
  • 少しでも守備範囲以上のことを頼むと「それ、わたしの仕事ですか?」と言う
  • 定時きっかりに急いで休憩に入ったり、帰ったりするのに必死

1-4.仕事が雑でミスが多く、いい加減

仕事が雑でミスが多く、向上心がありません。

やる気のない社員に多くに見られる現象です。やる気がないので、細部まで注意が行き届きません。

<具体例>

  • 〆切ギリギリまで仕事を引っぱり、しかもミスが多い
  • 〆切に間に合わず、完成しないこともある
  • 何かと雑で、安心して仕事が任せられない
  • 何度注意しても直らない

1-5.人のせいにして、反省しない

失敗があっても人のせいにして、自分は反省しません。

こちらもやる気のない社員によく見られる態度です。

周囲の人間関係に愛情を持っていない場合や、実は自信がなく、自分を守るのに必死なために起こりがちです。

<具体例>

  • うまくいかないことがあると全部環境や人のせいにして、自分は反省しない
  • ミスがあっても「自分は悪くない」と言ったり、謝らない
  • 仲間や部下を守らない
  • 責任感がないように見える
  • プライドが高いように見える

毎日1分間のマネジメント習慣でやる気のない社員が劇的に変わる「Unipos」の詳細はこちら

次ページ「やる気がない社員のホントの気持ち」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。