仕事におけるチームワークとは?チーム力の重要性と高めるための5つの方法

「部署内で新たなチームを組ませてみたものの、あまりうまく機能してないようだ……」

「社内の問題解決のためチームを編成したいが、どのように作ればよいのかわからない」

仕事をする上で何かと問題になる「チームワーク」。

プロのスポーツ競技や学生が打ち込む部活動など、チームワークが語れる場面は多くありますが、実は、

「仕事におけるチームワーク」というとすぐにはピントこない、なんで大事なのかわかっていない、そもそも仕事は個人で責任を持って行うものだからチームワークはそれほど重要ではないと考えている、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事でメンバー1人ひとりの強みが発揮され、チームワークが発揮されだすと、チームワークがいまいちな状態で仕事をしている時よりも、ずっと大きな成果を残せるようになります。

本記事では、仕事でチームワークが重要な理由、チームワークのメリット不足した時のデメリット、高めるための具体的な方法について、わかりやすく説明しています。

そろそろ本腰を入れてチームワークと向き合いたい、まさに今チーム力が低く困っている方などなど、チームワークでお悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

明日からのチームづくりに役立つヒントが少しでも得られれば幸いです!

1 仕事でチームワークが必要とされる理由

仕事でチームワークが必要とされる理由は、1人で働くよりも、協力せずバラバラに働くよりも、高い目標達成を目指せるようになるからです。

チームワークが発揮されている状態とは、1人ひとりの強みが活かされ、弱みを補い合い、同じゴールに向かって進んでいる状態を指します。

例えばウェブサイト制作を担うチーム場合、コミュニケーションが得意な社員が顧客対応を行い、デザインスキルを持った社員が依頼を元に制作を行うという分担作業によって、お互いの長所を最大限に活かした仕事の取り組みを実現できます。

チームワークが発揮されることで、メンバーが苦手な分野は最小限の労力で済ませられ、得意分野に関して効率よくパフォーマンスを発揮できるようになります。こうして強みや弱みを補い合うことで、社員同士の能力の純粋な足し算よりも、さらに大きな効果を発揮できるのです。

1−1 チームならより高い目標を達成できる 

 前述の通り、チームワークが発揮されることで、個人で行うよりも高い目標の達成を目指せるようになります。

個人で目標を追う場合は、その社員のスキルや業務遂行能力に依存します。力を出し切ったとしても一人で対応できる範囲や労働時間には限界があります。

不得意な業務を行うとなると、多くの工数をかけた割に成果に結びつかない場合も多く、合理的とはいえません。

チームで仕事を行う場合、メンバー同士のスキルを活かした相乗効果が期待でき、弱みを補い合うことで、生産性を大きく向上させられます。

そのため、個人で向かい合うよりも、チームで取り組む方が目標値を高く設定しやすくなるのです。

1−2 VUCA時代を乗り切る、柔軟で素早い対応力が得られる

 先行きが読めず、急激なスピードで絶えず変化を続ける現代は「VUCA時代」と言われ、そうした変化に素早く対応できなければ、ビジネスでも結果をだすことが難しくなってきています。

「いつ、これまでのやり方が通用しなくなるかわからない」

そんな状況の中で成果を出し続けるには、変化を柔軟に捉え、素早く判断し、行動していく力が必要です。

1人ひとりがそうした力を高めることももちろん有効ですが、メンバー同士が様々な角度から意見を出し合い、試行錯誤する中で学びながら進んでいけたら、変化への対応力は1人の時よりもずっと増すのではないでしょうか。それこそチ、ームワークのなせる業といえます。

多様性を持ったメンバーが集まることで、チームの思考力が高まり、困難な状況を打破しやすくなるのです。

1−3 グローバル化する社会への対応

 IT化の進歩はグローバル化を加速させました。企業は国内だけでなく、国際社会と競争する時代になっています。時代の変化に対して敏感になり、迅速な対応を実現するには、さまざまなスキルを持ったメンバーで組まれたチームの存在が不可欠です。

グローバル企業や多国籍な社員への対応力を高めるためにも、語学力を持った社員や、海外への広い知見を持つ社員を含めたチームの活躍が期待されます。メンバー同士がチームワークを発揮し、長所を伸ばしながらお互いを高め合うことで、今後も時代の変化に合わせて成長し続けられるチームにすることが可能になります。

チームワークを高める毎日1分間のマネジメント習慣とは?「Unipos(ユニポス)」

次ページ「チームワークを高めるための5つの方法」 

自己成長と、組織成長につながる

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。モチベーションマネジメントや人材育成に関する実践的な知識が得られる、組織の成長やステップアップを目指すマネージャーにおすすめの情報をご提供しています。