仕事におけるチームワークの重要性!チーム力を高めるための5つの方法

「部署内でチームを組ませてみたものの、あまりうまく機能してないようだ……

「社内の問題解決のためチームを編成したいが、どのように作ればよいのかわからない」

 

仕事をする上で、必要とされる場面の多いチームワーク。

チームワークというと、プロのスポーツ競技や学生が打ち込む部活動などを思い浮かべる方が多いかと思います。

 

しかし、仕事におけるチームワークというと、すぐにはイメージできないのではないでしょうか?

「仕事は個人で責任を持って行うもの」とお考えかもしれません。

 

仕事でチームワークが発揮されるとメンバー同士がうまく噛み合い、問題の早期解決につながるケースもあるのです。部署内でチームがうまく機能すれば、個人で遂行するよりも遥かに多くの結果を残せるようになります。

 

今回は、仕事におけるチームワークについて解説します。

チームワークを高めるための方法や、チームワークが働くメリットについてわかりやすく説明していますので、どうぞ最後までご覧ください。

 


1 仕事でチームワークが必要とされる理由

チームワークがうまく発揮されると、個人では達成困難な目標に対しても、達成の見込みが生まれることが期待できます。これは、メンバー間の得手不得手をチームとしてうまく活用できるためです。

例えば、ウェブサイト制作チームの場合だと、コミュニケーションが得意な社員が顧客対応を行い、デザインスキルを持った社員が依頼を元に制作を行うという分担作業によって、お互いの長所を最大限に活かした仕事の取り組みを実現できます。

チームワークが発揮されることで、メンバーが苦手な分野は最小限の労力で済ませられ、得意分野に関して効率よくパフォーマンスを発揮できるようになります。チーム内における相乗効果は、社員同士の能力の純粋な足し算よりも大きな効果を発揮できるのです。

1−1 チームならより高い目標を達成できる 

 前述の通り、チームワークが発揮されることで、個人で行うよりも高い目標の達成をめざせるようになります。

個人で目標を追う場合は、その社員のスキルや業務遂行能力に依存します。力を出し切ったとしても一人で対応できる範囲や労働時間には限界があります。不得意な業務に対しては多くの工数を使いながらも結果にはつながりにくいため、合理的とはいえません。

チームで仕事を行う場合、メンバー同士のスキルを活かした相乗効果が期待でき、弱みとする部分を補い合うことで、生産性を大きく向上させられます。個人で向かい合うよりも、チームで取り組む方が目標値を高く設定しやすくなるのです。

1−2 IT化への柔軟な対応力を得られる

 IT化が急速に進んだことで、ビジネスシーンも大きな変貌を遂げました。インターネットの普及により、世界中がリアルタイムで業務を遂行できるようになった結果、仕事を進めるスピードは劇的に早くなっています。

変化の早い現代においては、いつ従来のやり方が通用しなくなるかわかりません。時代の変化に合わせたスピード感と柔軟な思考を合わせた経営判断が求められるようになっているのです。

チーム内においても、状況の変化に合わせた判断力が求められます。メンバー同士がチームワークを発揮し、意見を出し合いながら新しいアイデアを形にしていくことで、課題の解決力を高めらます。多様性を持ったメンバーが集まることで、チームの思考力が高まり、困難な状況でも打破しやすくなるのです。

1−3 グローバル化する社会への対応

 IT化の進歩はグローバル化を加速させました。企業は国内だけでなく、国際社会と競争する時代になっています。時代の変化に対して敏感になり、迅速な対応を実現するには、さまざまなスキルを持ったメンバーで組まれたチームの存在が不可欠です。

グローバル企業や多国籍な社員への対応力を高めるためにも、語学力を持った社員や、海外への広い知見を持つ社員を含めたチームの活躍が期待されます。メンバー同士がチームワークを発揮し、長所を伸ばしながらお互いを高め合うことで、今後も時代の変化に合わせて成長し続けられるチームにすることが可能になります。

 


2 チームワークを高めるための5つの方法

実際に社員同士のチームワークを高めるにはどうすればいいのでしょうか?

以下の5つの方法をご紹介します。

1.リーダーがメンバーを取りまとめる

2.チームとしての目標を意識する

3.メンバーの役割を明確に

4.柔軟なコミュニケーションの実施 

5.メンバーのスキルを合わせる

 チームをうまく統率できる人材によるリーダーシップの発揮や、メンバー間の友好的な人間関係に加え、チームの選定に携わる部分のポイントについてまとめました。

2−1 1.リーダーがメンバーを取りまとめる

 チームが実力を発揮するためには、メンバーをまとめあげるリーダーの存在が不可欠です。スキルや経験、個性が異なる社員同士の意見をしっかりとまとめ、各自が能力を発揮できるチームづくりのためには、強力なリーダーシップが求められます。

ときにはメンバー同士の意見が対立することもありますが、リーダーとして双方の話を聞き、目標達成のためにふさわしい方法を選択する必要があります。その際には、採用されなかった意見の側に対してフォローするのを忘れないようにしましょう。

チーム内の調和を保つためにも、リーダーの存在が必要不可欠なのです。

2−2 2.チームとしての目標を意識する

 チームがしっかりとまとまるためには、メンバー間で共通の目標を意識することが大切です。異なる個性を持つメンバー同士を噛み合わせるために大きな目標を立て、それに向かって進んでいくのです。

メンバーに対して目標をきちんと共有しておけば、方向性が統一されるため意見の対立などが起こりにくくなります。

立てる目標には具体性を持たせるのが効果的です。数値を盛り込んだり、達成までの期間を定めたりすることで、いつまでにどのようにして仕事を進めていけばよいかを明確にできます。

・営業利益を前年比120%にする

・既存のウェブサイトを改善し、アクセス数を150%にする

・年度末までにプロジェクトを完成させる

上記のような具体性のある目標にするとよいでしょう。

 

また、あまりに高すぎる目標を設定した場合、チームのメンバーが気後れしてしまう場合があります。それを防ぐためには、最終目標とは別に中間目標を決めておき、段階を踏んで達成していけるように工夫しましょう。目標へ向かう途中でチームがバラバラになることを予防できます。

2−3 3.メンバーの役割を明確に

 チームワークがうまく発揮されるチームづくりのためには、メンバー同士の役割を明確にすることが欠かせません。チームが定めた目標に対して各メンバーが自分の役割を把握することで、求められる能力を発揮しやすくなります。チームワークによる相乗効果が期待できるようになるのです。

社員が苦手とする分野に工数をかけるよりも、得意分野で活躍できるほうが、チームへの貢献度は飛躍的に高まるでしょう。

また、同じチーム内には得意とする役割が異なるメンバーを選定するようにしましょう。多様性を持たせることで相乗効果を生みやすくなり、生産性の向上につながります。

メンバー同士が長所を発揮し短所をカバーし合えるよう、リーダーがうまく調整していくことも大事です。

2−4 4.柔軟なコミュニケーションの実施 

 安定したチームワークを持続させるためには、円滑なチームの運営が欠かせません。互いに異なる個性を持ったチームメンバーが協力し合える体制づくりのためには、柔軟なコミュニケーションを心がける必要があります。

チームワークが発揮される土壌づくりのためには、メンバー同士でお互いの性格や長所と短所、仕事に対する姿勢などへの理解を深めておくのが効果的です。そのためには、日常的なコミュニケーションが不可欠です。お互いを認め、尊重し合う姿勢を大切にしましょう。

チーム内でのコミュニケーションの取り方は口頭での説明やメールの他、チャット、社内SNS社内ポータルサイト内の掲示板などの活用がスムーズです。

また、チーム内での報告・連絡・相談を徹底するようにしましょう。チームで作業を進めるため、自己判断で突き進まないよう、足並みを揃える必要があるのです。

2−5 5.メンバーのスキルを合わせる

 チームを結成する際には、個人の知識やスキルをベースにしますが、能力がある程度均等になるようにするのが効果的です。チーム内でメンバーの能力に大きな差がある場合、高いスキルを持つ社員に負担が集中しがちになります。特定のメンバーだけが活躍する状況ではチームワークが十分に発揮されているとはいえません。

メンバー同士がお互いをライバル視しながら、切磋琢磨できる環境を作ることで、継続したチーム力の向上が期待できます。チームワークによる相乗効果を高めるためには、リーダーが主体となり、メンバーの育成にも力を入れていきましょう。

 


3 仕事上でチームワークを高める5つのメリット

チームワークを高めることで得られるメリットは多くあります。

中でも代表的な5つのメリットをご紹介します。

1.メンバー同士でサポートし合える

2.メンバーのモチベーションアップ

3.お互いの成長を刺激し合える

4.生産性の向上が期待できる

5.新たな気づきを得られる

 チームワークの発揮により、社員同士の自己成長を促進できるのです。

3−1 1.メンバー同士でサポートし合える

 チームの目標達成をめざす過程においては、メンバー同士の協力が欠かせません。それぞれに得意分野を持つ社員同士、他のメンバーの苦手とする部分を補いながら働くことで、自然とサポートし合える関係性が構築されます。

困難な課題を乗り越えることでメンバーの成功体験となり、チームの更なる成長が期待できます。チーム内でお互いを認め合い、大切にする姿勢を身につけられるよう、リーダーのサポートが大切です。

3−2 2.メンバーのモチベーションアップ

 仕事を進めるにあたってモチベーションを高く持つことで、自信を持って業務に取り組め、効率的に進められるようになります。チームで仕事を進めていくと、個人で行うよりもモチベーションを高めやすくなります。

個人で進める仕事は自分の裁量の範囲内に収まってしまいますが、チームで働く場合は周囲からの反応や意見をもらいながら進めることになります。自身が持つ知識やスキルに対する周囲からの評価を得られることで、役に立ちたいという気持ちや更なる成長意欲を高められるでしょう。

 チームワークによる相乗効果は、お互いのモチベーションを高めることにもつながるのです。

3−3 3.お互いの成長を刺激し合える

 チームで仕事を進めている間は、メンバー間の働き方を間近で見る機会が増えます。他のメンバーがどんなやり方で仕事を進めているのかを知ることにより、大きな刺激を受けられるでしょう。自分よりも優れていると思う部分を取り込んだり、自分なりの仕事の進め方に対する気づきを得られます。

仕事に対する考え方や姿勢を学ぶことで、向上心を高められるでしょう。

 結果として、自分の長所を伸ばしつつメンバーのよいと思う部分を取り入れることで、成長が期待できます。

3−4 4.生産性の向上が期待できる

 チームワークの発揮によって、お互いにサポートしたり刺激し合ったりした結果、企業内に高い生産性をもたらします。社員の得意分野に注力した働き方ができるよう、リーダーが適切に業務を振り分けることで、チーム内でのメンバー間の強みが発揮され、業務が効率化されるのです。

逆に、各社員が苦手とする分野を得意なメンバーが担当すれば時間のロスを廃し、クオリティの向上が期待できます。

チームを組むことで、単純な足し算ではなく、より大きな相乗効果を生むのです。チームリーダーがしっかりとメンバーの動きを把握することで、個人で取り組むよりも仕事のスピードを大幅に早められるなど、チームワークの発揮が大きなメリットとなるのです。

3−5 5.新たな気づきを得られる

 チームワークのメリットは作業効率を高め生産性を高められることだけではありません。お互いに刺激し合う中で業務改善や自己成長につながる、新たな気づきが得られるのです。

複数で業務にあたる中で、改善すべき問題の抽出や、その解決策を見い出せるケースがあります。

与えられた役割だけをこなすのではなく、チーム力向上のための行動力も求められるのです。

気づきを得るためには、周囲からの意見やアドバイスを受け止めることも大切です。

メンバー内で気づいたことや改善すべき点は、積極的に意見交換できるよう、チームリーダーが場をうまくコントロールすることが求められます。

馴れ合いではなく、お互いに切磋琢磨できる環境でこそ、チームの総合力が高まっていくのです。

 


4 チームワーク不足だとこんなデメリットが

チームワークを高めれば、多くのメリットがあるということがお分りいただけたでしょう。組織の生産性を高めるためにも、より多くのチームを結成したいとお思いかもしれません。

しかし、チームワークが適切に発揮されていない、もしくはチームワーク力が不足していると、デメリットといえる部分が表面化してきます。

4−1 仕事をサボる社員が現れる

 チームは複数のメンバーで構成されているため、しっかりと働いている社員を横目に、仕事をサボる社員が現れる場合があります。「自分一人が仕事をしなくても、周囲がカバーしてくれる」という安心感から、仕事をしないフリーライダーが生まれてしまうのです。

優秀なチームの場合は仕事をサボる社員がいたとしても、周囲のメンバーの働きによって目標を達成できてしまいます。しかし、本来ならば全員が能力を発揮することで、目標の達成に近づけるようにチーム編成を行うものです。その中で仕事をサボる社員が現れてしまうと、周囲がどれだけフォローしようとも、生産性が低下しているのは間違いありません。

4−2 メンバーのモチベーションダウン

 チームワークがよい方向に向いていれば、メンバー同士で切磋琢磨してモチベーションを高く維持できます。しかし、仕事をしない社員が出てきたり、チーム内のコミュニケーション不全が起こると、モチベーションを維持することが難しくなるでしょう。

メンバー間で能力に差がある場合や、仕事をしない、納期を守らない社員がいた場合、きちんと責任を持って業務に臨んでいる社員からすれば、不公平感が出てきます。納期の遅延などが起きた場合は、結果的に周囲でフォローする必要があり、負担が増えることからモチベーションの低下は避けられません。 

また、チーム内で馴れ合いをはじめてしまうと、メンバー間で向上心が芽生えなくなり、成長速度が低下。結果としてモチベーションを維持できなくなり、チームの生産性を低下させることにつながります。

4−3 対立が起こってしまう

 チーム内での不満が溜まるとメンバー間の信頼関係がなくなり、やがて対立へとつながってしまいます。目標を達成できなかった場合は、責任の押し付け合いなどに発展する場合もあるでしょう。

それぞれが違う価値観を持ったメンバーが集まっているのですから、必然的な流れになります。

ただし、対立を恐れてチームの改善につながるような意見まで発しないというのは避けるべきです。どんな小さな意見でも、チームへの客観的な視点というものは必要だからです。とはいえ、メンバーの前で否定的な意見を述べるのには勇気がいります。

チームリーダーはメンバーが意見を発言しやすい環境を普段から整えておくことが必要です。

コミュニケーションが正常に取れている状態なら、対立が起きそうになっても事前に抑止することも難しくはありません。

 


5 まとめ

 個人では達成が難しい問題でも、多様な知識とスキルを持ったメンバーが集まることで、お互いの短所をカバーし、長所となる部分を強く発揮できるようになります。これがチームワークの最大の強みです。

チームワークを高めるためには、以下の5つの方法が重要だということがわかりました。

1.リーダーがメンバーを取りまとめる

2.チームとしての目標を意識する

3.メンバーの役割を明確に

4.柔軟なコミュニケーションの実施 

5.メンバーのスキルを合わせる

仕事におけるチームワークはプロジェクトの成功につながるだけでなく、企業の成長にも大きく関係してきます。変化の激しい時代において、新たな価値を発揮できる可能性に満ちているのです。

社内によいチームを多く生み出すためにも、適切な人材選びと、きちんとまとめられるリーダーの育成に取り組みましょう。当記事の内容を参考にしてください。

 

 

組織課題解決のノウハウをお届け メールマガジン登録はこちらから バナーを閉じる