仕事におけるチームワークの重要性!チーム力を高めるための5つの方法

「部署内でチームを組ませてみたものの、あまりうまく機能してないようだ……

「社内の問題解決のためチームを編成したいが、どのように作ればよいのかわからない」

 

仕事をする上で、必要とされる場面の多いチームワーク。

チームワークというと、プロのスポーツ競技や学生が打ち込む部活動などを思い浮かべる方が多いかと思います。

 

しかし、仕事におけるチームワークというと、すぐにはイメージできないのではないでしょうか?

「仕事は個人で責任を持って行うもの」とお考えかもしれません。

 

仕事でチームワークが発揮されるとメンバー同士がうまく噛み合い、問題の早期解決につながるケースもあるのです。部署内でチームがうまく機能すれば、個人で遂行するよりも遥かに多くの結果を残せるようになります。

 

今回は、仕事におけるチームワークについて解説します。

チームワークを高めるための方法や、チームワークが働くメリットについてわかりやすく説明していますので、どうぞ最後までご覧ください。

 

1 仕事でチームワークが必要とされる理由

チームワークがうまく発揮されると、個人では達成困難な目標に対しても、達成の見込みが生まれることが期待できます。これは、メンバー間の得手不得手をチームとしてうまく活用できるためです。

例えば、ウェブサイト制作チームの場合だと、コミュニケーションが得意な社員が顧客対応を行い、デザインスキルを持った社員が依頼を元に制作を行うという分担作業によって、お互いの長所を最大限に活かした仕事の取り組みを実現できます。

チームワークが発揮されることで、メンバーが苦手な分野は最小限の労力で済ませられ、得意分野に関して効率よくパフォーマンスを発揮できるようになります。チーム内における相乗効果は、社員同士の能力の純粋な足し算よりも大きな効果を発揮できるのです。

1−1 チームならより高い目標を達成できる 

 前述の通り、チームワークが発揮されることで、個人で行うよりも高い目標の達成をめざせるようになります。

個人で目標を追う場合は、その社員のスキルや業務遂行能力に依存します。力を出し切ったとしても一人で対応できる範囲や労働時間には限界があります。不得意な業務に対しては多くの工数を使いながらも結果にはつながりにくいため、合理的とはいえません。

チームで仕事を行う場合、メンバー同士のスキルを活かした相乗効果が期待でき、弱みとする部分を補い合うことで、生産性を大きく向上させられます。個人で向かい合うよりも、チームで取り組む方が目標値を高く設定しやすくなるのです。

1−2 IT化への柔軟な対応力を得られる

 IT化が急速に進んだことで、ビジネスシーンも大きな変貌を遂げました。インターネットの普及により、世界中がリアルタイムで業務を遂行できるようになった結果、仕事を進めるスピードは劇的に早くなっています。

変化の早い現代においては、いつ従来のやり方が通用しなくなるかわかりません。時代の変化に合わせたスピード感と柔軟な思考を合わせた経営判断が求められるようになっているのです。

チーム内においても、状況の変化に合わせた判断力が求められます。メンバー同士がチームワークを発揮し、意見を出し合いながら新しいアイデアを形にしていくことで、課題の解決力を高めらます。多様性を持ったメンバーが集まることで、チームの思考力が高まり、困難な状況でも打破しやすくなるのです。

1−3 グローバル化する社会への対応

 IT化の進歩はグローバル化を加速させました。企業は国内だけでなく、国際社会と競争する時代になっています。時代の変化に対して敏感になり、迅速な対応を実現するには、さまざまなスキルを持ったメンバーで組まれたチームの存在が不可欠です。

グローバル企業や多国籍な社員への対応力を高めるためにも、語学力を持った社員や、海外への広い知見を持つ社員を含めたチームの活躍が期待されます。メンバー同士がチームワークを発揮し、長所を伸ばしながらお互いを高め合うことで、今後も時代の変化に合わせて成長し続けられるチームにすることが可能になります。

次ページ「チームワークを高めるための5つの方法」 

本質的な課題と向き合える

無料メールマガジン

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記のようなコンテンツをご用意しています

  • 組織改革のコツがわかる特選事例
  • 学びが深まるオリジナルコラム
  • メルマガ限定 最新イベント情報