危機に強い組織をつくる理念浸透の実践方法とは

  • 2020年7月16日開催
  • タイトル:「危機的状況下でも組織のベクトルを合わせる理念浸透の実践方法とは」
  • 登壇者:株式会社フィードフォース人事部マネージャー 渡邉康晴(なべはる)氏、Unipos株式会社 代表取締役社長 斉藤知明

★今後のウェビナー情報はこちらよりご確認いただけます⇒https://unipos.peatix.com/view

コロナ禍のような危機を企業が乗り越えていく上でもっとも重要なのは、経営層や中間管理職、現場といった異なる立場の人々が、自社のあるべき姿を共有し、一つの方向へ向かっていくこと。

そこで指針となるのが企業理念です。

しかし、せっかく企業理念を定めても何もしないままでは従業員への浸透が進みません。アンケート調査でも多くの企業が理念浸透の難しさを嘆く結果が出ています。

そこで今回、2020年7月16日にUniposウェビナー「危機的状況下でも組織のベクトルを合わせる理念浸透の実践方法とは」を開催。

理念浸透に早期から取り組み、成果を実感しつつある株式会社フィードフォースの人事部マネージャー 渡邉康晴(なべはる)氏をゲストにお迎えし、Unipos株式会社 代表取締役社長 斉藤知明と共にその策定から浸透までの道のりについて話し合いました。

 

1. 6割以上の企業が理念浸透の難しさを実感している

ウェビナーの冒頭、斉藤は企業理念の浸透が有事の助けになった例として丸井グループを挙げました。

丸井グループはコロナ危機に際して、臨時休業中のテナント家賃と共益費を全額免除。これは丸井グループが掲げる「共創理念」に基づいた意思決定であり、理念を共有していたからこそできた判断でした。

「企業理念という確固たる指針があることで、個々人の現場においてもその企業らしい意思決定ができるのではないでしょうか」(斉藤)

一方でアンケート調査によると、6割以上の企業が「理念浸透がうまく進んでいない」と回答しています。

斉藤は理念浸透を進めるためには3つのステップが必要だと言います。

1:「理念浸透は『認知(理念を知っている)』

2:『理解(理念の背景や意味を理解している)』

3:『行動変容(理念を理解し日々の仕事の中で実践できている)』

このステップを明確にして、自社の従業員がどのステップにいるのかを踏まえて行動に結びつけていくことが重要だと指摘しました。

その上で、企業理念を構成する「ミッション」「ビジョン」「バリュー(行動指針)」のうち、

特に重要なのは、理念と日々の仕事の結節点である「バリュー(行動指針)」だと説明

いかに日々の仕事の中でバリューについて考える機会を作るかが浸透のポイントだと述べました。

このバリュー浸透を成功させたのが、今回ご登壇いただいたフィードフォースの人事部マネージャー 渡邉康晴(なべはる)氏です。

2. バリューとは経営と現場が納得できる「会社としての健全な偏り」

フィードフォースは2006年創業。デジタルマーケティング関連事業を主に展開しており、現在の社員数は91名です。

渡邉氏が理念の浸透に取り組んだのは社員数が増加していた2017年頃のことでした。

当時、フィードフォースでは事業領域の拡大に伴って、新ミッション「『働く』を豊かにする。」を策定しました。同時に新ミッションに合わせた新バリューも定義。バリュー浸透チームを結成して、社内における認知・理解度向上に努めました。

新バリュー策定のポイントとして渡邉氏がまず挙げるのが「経営と現場の両方がバリュー決定プロセスに関わる」ということです。

「旧バリューを実践できていたメンバーと社長でプロジェクトチームをつくり、フィードフォースで働く上で欠かせない思考や行動をピックアップしました。それを踏まえ、最終的な言葉への落とし込みはトップが行いました」

バリューの決定において意識したのは「会社としての健全な偏り」だといいます。

「世の中のすべての人が納得できるバリューをつくることは不可能です。そこで、世の中はどうあれ“フィードフォースとしてはこうなんだ”という意識で言葉を選びました」

そのようにして生まれたフィードフォースのバリューは以下の通りです。

「日々混沌、日々進化」

「チーム、ファースト」

「×10思考」

「アウトプットに愛を」

たとえば「日々混沌、日々進化」などは、まさに渡邉氏が述べた“健全な偏り”に当てはまるバリューです。

「混沌はふつうなら避けたい状況でしょう。しかし、新しいことへの挑戦から生まれる混沌は悪いことではなく、むしろその状況こそが進んでいる証でもあります。それならフィードフォースはあえて勇気をもって混沌に飛び込み、組織も人もサービスも進化していこうと考えました」

これらのバリューは楽に決まったわけではないと渡邉氏は言います。当初はプロのライターにバリューの言語化を依頼したものの、「きれいにまとまってはいたが、しっくりこなかった」のだとか。最終的にフィードフォースの塚田社長がバリューを言語化し、上記の4つにまとまったそうです。

経営理念を体現する貢献を見える化する「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ「Uniposを活用した理念浸透」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。