クレドの意味とは?クレドカードを作成する際の手順と導入事例

クレドとは、企業における行動指針のことです。企業と勤務する社員のあり方について文章化したもので、それを携帯できるようにカードにしたものをクレドカードと呼びます。国際社会との競争の激化や働き方改革など、変化が激しい現代社会において、経営層や社員がコンプライアンスを守り主体的に行動するために、クレドを意識した働き方が重要視されています。

今回はクレドの意味や活用法、作成の方法に加え、すでに活用してる企業についてご紹介します。


1.クレドの意味とは?

クレドとは、企業の信条や行動指針を簡潔に示した言葉です。ラテン語で「信条」を意味するクレド(Credo)に由来しています。クレドは経営判断や社員が現場で行う判断の指針となります。企業内や取引先、顧客との間に共有し、馴染ませることで効果を発揮するのです。

代表的なクレドとして、ザ・リッツ・カールトンホテル カンパニー L.L.Cの「ゴールドスタンダード」が有名です。以下にクレドの文章をご紹介します。

“リッツ・カールトンはお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。

私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだ、そして洗練された雰囲気を常にお楽しみいただくために最高のパーソナル・サービスと施設を提供することをお約束します。

リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、それは感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みしておこたえするサービスの心です。

出典:ザ・リッツ・カールトンホテル カンパニー L.L.C・企業理念「ゴールドスタンダード」

https://www.ritzcarlton.com/jp/about/gold-standards

有名企業5社のクレドの詳細については5章にて後述します。

1-1.企業理念との違い

クレドは企業理念と似ていると感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、クレドと企業理念には違いがあります。

企業理念は企業の存在意義や基本的な考え方を示したものです。創設時に定められることが多く、基本的には大きく変わらずに使い続けられます。また、企業理念はトップダウンで作られ、抽象的な文言が使われているケースが多くあります。

クレドは具体性のある文言で簡潔に作られており、社員に伝わりやすい言葉になっているのが特徴です。全社員で話し合いながら、ボトムアップで作られます。また、その時々の企業の状況に合わせ、クレドの内容を変えるケースもあります。

1-2.クレドカードはクレドをカード化したもの

経営層や社員にとって企業理念よりも具体性があり、実行する際の指針にしやすいクレド。普段から意識できるように、クレドの文言をカードに落とし込んだものがクレドカードです。

クレドをカード化することで常に携帯でき、内容を社員に浸透させやすくなります。また、自然とクレドを遵守した行動につながるため、仕事と真剣に向き合うようになり、業務レベルの向上が期待できます。

クレドカードには紙製のものとプラスチック製のものがあります。紙製のものは三つ折りやジャバラ折りにできるため、記載する情報量を増やせます。プラスチック製の場合は強度がありコンパクトなので、財布や名刺入れなどに入れて携帯しやすくなります。

次ページ「クレドを導入するメリット」

組織課題解決のノウハウをお届け メールマガジン登録はこちらから バナーを閉じる