マトリックス組織とは?プロジェクト型組織との違い、導入企業例、メリット・デメリットを解説!

「変化の激しいビジネスの世界で、迅速かつ柔軟な対応ができる組織形態を自社に導入したいと考えているが、マトリックス組織はどうだろう?」

企業が成長していく中で生じる新たな問題に頭を痛めている人事担当の方は多いことでしょう。

従来からある組織形態である「機能型組織」「事業部制組織」と異なり、マトリックス組織は「職能」と「事業部」といったように異なる単位を縦横に組み合わせた形態の組織で、変化の激しい市場に柔軟に対応していくのが得意と言われています。

この記事では、マトリックス組織の概要、メリット・デメリット、導入事例などについてお知らせしていきます。マトリックス組織があなたの会社に合うかどうか判断する手助けになれば幸いです。

マトリックス組織とは

マトリックス組織とは「職能」と「事業部」、または「エリア」などの2つの系列を縦・横に組み合わせて網の目のように構成した形態の組織です。

従業員は職能別の組織に所属するとともに、特定の事業やプロジェクトにも所属するため、2つの所属を持つことになります。

マトリックス組織は、指揮命令系統を複数にすることで、従業員を柔軟に活用することができる組織形態です。たとえば、職能とエリアという組み合わせの場合、職能に関連する仕事に従事しながら、同時にエリアに関連した仕事も行います。複数の目標を同時並行で達成するために採用される組織形態と言えます。

マトリックス組織の3類型

マトリックス組織はウィーク型、バランス型、ストロング型の3種類に分けられます。

それぞれの違いを表にまとめると以下のようになります。

ウィーク型

プロジェクトマネージャーを置かないので各メンバーが臨機応変に動ける

バランス型

プロジェクトメンバーからマネージャーを選出するためプロジェクトの進捗状況の把握、決断や指示がスムーズに行える

ストロング型

高い専門性を持ったプロジェクトマネージャーを配置するためメンバーがプロジェクトに集中しやすい

ウィーク型

ウィーク型ではプロジェクトマネージャーを置きません。

そのため各スタッフはそれぞれの判断に即して行動できるようになり、フットワークの軽いプロジェクトチームを作ることができます。迅速かつ臨機応変な対応が求められるような事業やプロジェクトにおいて、ウィーク型はその力を発揮するでしょう。

その一方で、プロジェクトメンバーの能力や関係性によっては、指揮命令系統が煩雑になりかえって非効率化してしまうという欠点もあります。

バランス型

バランス型はプロジェクトメンバーからプロジェクトマネージャーを選びます。選任された責任者は通常の業務も行うため、プロジェクトの進捗状況を素早く把握でき、決断や指示もスムーズに行うことができます。

しかし、プロジェクトメンバー内で選出された責任者とは別に部門でのマネージャーも存在するため、メンバーは複数の上司から指示を受けることになり、調整が複雑化するケースもあります。

プロジェクトの責任者が部門のマネージャーを兼任する方法もありますが、兼任者の負担が大きくなるため、周囲のサポートが必要です。バランス型は、これらのデメリットも理解した上で導入するようにしてください。

ストロング型

ストロング型はプロジェクトマネージャーを各プロジェクトごとに配置します。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのマネジメントを専門とする部署に所属しているため、マネジメントに対して高い専門性を備えています。

ストロング型のプロジェクトマネージャーは、ラインマネージャーより強い権限を持っているため、プロジェクトの進行で影響力を発揮できます。これによりプロジェクトメンバーの動きがシンプルになり、プロジェクトにより集中することが可能になります。

短所としては、ストロング型の導入にはマネージャーの独立部門を設立する必要があるため、特に小規模企業にとっては実現が難しく、設立後のランニングコストも考慮する必要があります。

【ウェビナーで学ぶ】専門家が教える|組織開発の4パターンと適応課題の対処法

マトリックス組織と他の組織形態との違い

組織形態はいくつかの種類があります。この章では、マトリックス組織と他の代表的な組織形態を比較することで、マトリックス組織についての理解を深めましょう。

機能型組織との違い

機能型組織とは、企業のトップの下に開発、製造、営業、販売、人事などの職能別部門が設けられている組織構造のことです。中小企業や地域密着型の企業に比較的多く見られる形態です。

この機能型組織とマトリックス組織との違いは、

・機能型組織:機能単位

・マトリックス組織:機能とエリアなど複数の単位で構成される

マトリックス組織の場合、従業員が2つの組織に所属しており、その双方の知識とスキルを習得することができるため、部門を超えた連携や情報共有がしづらい機能型組織よりも多彩な技能をもつ人材を育てることが可能になります。

事業部制組織との違い

事業部制組織とは、地域別、製品別、ブランド別など独立した事業部に分割され、各事業部が意思決定権を持ち、業務を遂行します。大規模な組織でよく導入されている組織形態です。

事業部制組織とマトリックス組織との違いは、

・事業部制組織:事業部単位

・マトリックス組織:機能とエリアなど複数の単位で構成される

事業部制組織がその独立性の高さゆえ事業間の協働や情報の共有がしづらく、企業としての方向性を統一するのが難しい一方で、マトリックス組織の場合は、少なくとも2人の責任者の元で業務を行うため、広い視野で意思決定にのぞむことができます。また、人材が複数の軸(単位)にまたがっているので、横の連携が取りやすく、情報伝達もスムーズに行うことが可能です。

プロジェクト型組織との違い

プロジェクト型組織とは、特定の仕事を遂行するために異なる知識やスキルを持った人たちが集まって結成される組織形態で、プロジェクトごとにプロジェクトマネージャーが任命されます。一般的に、目標を達成したら解散になることが多い形態です。

プロジェクト型組織とマトリックス組織は、部門を横断するかたちで人材が集まるという点では似ているのですが、マトリックス組織は、そもそも人材が複数の組織に所属するという点と、プロジェクト型のような一時的な組織ではなく継続的な組織であるという点が大きな相違点と言えます。そのためマトリックス組織では、プロジェクトで得た情報やスキルなどの成果を次のプロジェクトに活かすことが可能です。

次ページ「マトリックス組織が向いている企業」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。