会社が急成長する!強い組織作りの基礎知識と成功事例に学ぶ実践方法

この記事をご覧になっているあなたは、「組織作り」で会社の課題を解決したいと考え、組織を強くするための方法を探しているのではないでしょうか。

「どうしたら、もっと強い組織を作ることができるんだろう?」

そんな疑問に答え、個人に頼らない組織力で企業を強くするためのヒントが、「組織作り」にはあります。

しかしながら、組織作りという言葉の意味するところは非常に広いものです。曖昧な理解のままに組織作りを進めると、思うような効果を得ることができません。

成功する組織作りには、知っておくべき原理原則と実践のコツがあるのです。

そこでこの記事では、会社を急成長させる強い組織作りのために、以下を解説します。

組織作りとは何か?最初に知るべき基礎知識
組織作りの先進企業の事例で学ぶ組織作りの実践方法
失敗しないために注意すべきポイント

最後まで読み終えれば、組織作りの第一歩を踏み出せるはずです。さっそく続きをご覧ください。

1.組織作りとは何か?最初に知るべき基礎知識

「組織作り」に関する理解は、人によってまちまちです。

「組織図を作ることでしょ?」という人もいれば、「企業に関わる活動は全部ある意味、組織作りじゃないの?」と解釈している人もいます。

この章では、組織作りとは何なのか、基礎知識をおさらいしておきましょう。漠然としていた「組織作り」の定義がクリアになれば、自ずと組織作りの為にすべきことが見えてきます。

1-1.組織作りとは

「組織作りとは何ですか?」と質問されたら、何と答えますか。

例えば、

・会社の風土を作ること
・組織の指揮命令系統・チーム編成・組織図を作ること
・従業員がイキイキと働ける労働環境を作ること

など、人によって回答はバラバラでしょう。ここで理解しておきたいのは、これらはすべて組織作りに含まれるということです。

というのも、組織作りで作るものを具体的に表現すると、以下のようになります。

組織の文化
組織の構造
組織の人事システム

つまり、組織作りとは、組織の文化・構造・人事システムなどの「企業の仕組み」で人を動かしていく仕掛けのことなのです。

先の回答例にあった風土も組織図も労働環境も、組織作りで取り組むべき対象に含まれます。

1-2.組織作りの目的

では、組織作りは何のために行うのでしょうか?それは目指す目標に向けて人を動かすためです。

企業にとって「人」という資源が重要であることは、いうまでもないでしょう。従業員それぞれの能力をアップさせるための人材育成に取り組んでいる企業も多いはずです。

人材育成が、一人ひとりの個人を企業に適合させるアプローチだとすれば、組織作りは従業員全体を企業に適合させるアプローチだといえます。

組織作りによって「人を動かす仕掛け」をすることで、従業員全体を企業の目指す方向へ動かすことが可能になるのです。

1-3.得られる成果

組織作りによって得られる効果は半永久的に存在し続けることのできる強い組織の実現です。

組織作りで究極的に目指すのは、どんな従業員であっても、どんな環境であっても、継続的に強い組織を存続できる仕組みの構築です。

例えば、組織作りを行っていない企業では、従業員の入れ替えや市況の変化が起きる度に、企業の競争力や安定性が低下して、業績に悪影響が出やすくなります。

一方、組織作りを行っている企業では、内外の状況に変化が起きたとしても、組織の仕組みによって素早く対応し、繰り返し強い組織を構築し続けることができます。

つまり、組織作りに成功すれば、企業は何十年・何百年と存続することが可能になるのです。

風通し良くチャレンジ溢れるチームをつくるには?「変化に強いチーム育成実践BOOK」プレゼント

次ページ「組織作りの先進企業の事例で学ぶ組織作りの実践方法」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。