組織風土とは何か?具体例を交えて意味や要素を分かりやすく解説!

「組織風土」は非常に曖昧な言葉ですが、シンプルに表現するならば「組織内の構成員で共有されている、独自のルールや価値観、考え方」を指す経営学用語です。

「個人プレーではなく、チームプレー重視」

「トップダウンで社員の自主性が低い」

「社内の風通しがよく、社員同士の仲が良い」
こうした要素も、すべて組織風土のひとつと言えます。

組織風土を理解するポイントは以下の3つです。

  • ハード要素(目に見える要素)
  • ソフト要素(目に見えない要素)
  • メンタル要素(心理面に強く影響する要素)

本記事では、組織風土の全体像をしっかり掴んでいただくため、以下の内容を解説しています。

この記事で解説している内容 

  • 組織風土の意味・具体例
  • 類似した言葉との違い
  • 組織風土を構成する3つの要素「ハード・ソフト・メンタル」
  • 組織風土の重要性
  • 組織風土のメリット
  • 組織風土を活用するにあたっての注意点

この記事を最後までご覧いただければ、組織風土を正しく理解することができるようになります。

【無料ウェビナー】組織開発の専門家が組織風土改革のプロセス、ポイントなど実践術を徹底解説!

次ページ「組織風土とは?意味と具体例」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。