組織風土改革の成功事例5選と失敗しないための4つのポイント

組織内での独自のルールや価値観のことを表す「組織風土」。

自社の組織風土に危機感を覚え、まさに今、改革のイメージや計画を膨らませているという方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、組織風土改革を真剣に実現したいと考える方へ向けて、改革に成功した企業の事例を詳しくご紹介します。

併せて組織風土改革を成功させるポイントや、おすすめの施策についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

毎日1分のマネジメント習慣で組織風土を改革する「Unipos(ユニポス)」

1.組織風土改革に成功した5社の事例 

組織風土改革に成功した、5つの企業の事例をご紹介します。自社の組織風土改革のイメージと照らし合わせながらご覧ください。

1−1.キリンビール株式会社

ビール類市場の縮小が続く中、2019年夏には、フラッグシップブランド「一番搾り」の売り上げが、過去10年で最高となったキリンビール。

続く2020年の販売実績においても、ビール類やノンアルコール飲料など、各カテゴリーで市場を上回る成果となっています。

このような成果を実現できた背景には、同社の組織風土改革の成功があると言って良いでしょう。

その昔、キリンはビール市場で長くトップシェアを誇っており、「ビールと言えばキリン」と言われるほどでした。しかし、消費者のニーズの多様化や他社のヒット商品の影響を受け、2001年にビール類のナンバーワンから転落してしまいます。

この出来事をきっかけに、同年に「新キリン宣言」を発表し、「お客様本位」・「品質本位」をもとにした組織風土改革に取り組み始めました。

しかし、改革を進めてはいたものの、2015年に布施孝之社長が就任した時点では、成果がでないことを人のせいにする雰囲気や、ヒット商品が出ると安心し、元に戻ってしまう慢心が感じられる組織風土のままでした。

危機感を抱いた布施社長は、若手社員や労働組合をも巻き込んだ対話集会をスタートさせ、「お客様のことを一番に考える組織風土に」というメッセージを繰り返し説き続けました。

対話集会は40か所、議論した相手は延べ900人に及んだと言います。

さらに、20代・30代の若手選抜社員を集めた「布施塾」という社内経営塾を開講し、他業種の経営者を招いて講演してもらうといった取り組みも始めました。

これらの取り組みにおいて、社長自らが「自分たちの組織はどうあるべきか」と強い発信を続けた結果、社員の意識を徐々に変えることができました。

社員全員でブランドを育てていく組織風土が醸成され、組織風土の変化が業績にも直結していると考えられます。

参考:キリンビール お客様主語のマーケティング改革

https://pdf.irpocket.com/C2503/pJa6/Fvsl/cI5p.pdf

参考:創立100年、キリンホールディングス発足へ|キリングループの歴史|企業情報|キリンhttps://www.kirin.co.jp/company/history/group/g11.html

参考:キリン「一番搾り」過去10年で売り上げNo.1 ビール変革期にヒットする商品の特徴とは? | キリンhttps://toyokeizai.net/articles/-/307089?page=2

1−2.トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車には、伝統的な組織風土である「教え/教えられる風土」が存在します。

その組織風土が今でも守られているのは、改革の成果だと言えそうです。

2000年代に入り、年間販売台数を急激に伸ばしていたトヨタ自動車ですが、一方で、人材育成の伸びは追いついていませんでした。

また、業績向上を目指し意思決定のスピード化を進めてきたことによって、伝統的な「教え/教えられる風土」にもほころびが生じていたと言います。

さらに、2008年のリーマンショックにより業績は赤字へと転落し、2009年から2010年にかけては北米で大規模リコールにつながる品質問題が生じました。その後も、東日本大震災、タイでの大洪水による工場被害などが続き、業績は低迷してしまいます。

この状況を懸念したトヨタ自動車では、2014年に豊田章男社長が大規模な教育改革を打ち出し、「教え/教えられる風土」の再構築を目指すことになりました。

具体的には、社員をいくつかの小さなグループに分け、先輩が後輩を指導しやすい体制に変えていきました。また、入社4・5年目から10年目程度の社員が「職場先輩」となって、職場ごとにマンツーマンで相談役となる仕組みを構築したのです。

改革を進める上では、業務のグローバルな広がりや技術革新によって、先輩も答えを持たない事例が増えていったことや、上司の部下に対する「今どきの若者は」という意識などが課題となりました。

しかし、そうした問題意識を踏まえて地道に取り組んだ結果、教えられる側が育ちやすくなっただけでなく、教える側の自覚や責任感も高まり、トヨタ自動車の組織全体のパフォーマンス向上につながりました。

参考:当たり前を実現する!トヨタの人材育成の歴史と風土づくり

https://globis.jp/article/4116

参考:1980年に戻れ! トヨタの「人の育て方」大改革始動【前編】

https://president.jp/articles/-/17708

毎日1分のマネジメント習慣で組織風土を改革する「Unipos(ユニポス)」

次ページ「続いて村田製作所、オリンパス、湖池屋の改革事例」

課題解決ノウハウをお届け

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記コンテンツ等をご用意しています

  • 具体的な心理的安全性を向上させる実践ワーク
  • メルマガ限定 最新イベント情報
  • 他社の取り組み特選事例