ピアプレッシャーとは?同調圧力ではなく企業の成長に活かす方法

企業という組織の中では周囲との関係性を重視して、大勢の意見に従わなくてはならないことがあります。このような同調圧力を「ピアプレッシャー」と呼び、強すぎる場合は過剰なストレスを感じるなど、仕事に支障をきたす恐れがあります。

しかし、ピアプレッシャーが適度に働いている場合は、同僚に対する仲間意識の向上や業務の効率アップなど、プラスに働くことがあるのです。

ピアプレッシャーをよい方向へと向けるためにも、ピアプレッシャーが持つメリットとデメリットを把握し、組織の効果的な運用に役立てることが重要だといえます。

ピアプレッシャーとは?

ピアプレッシャーとは、「仲間からの圧力」という意味です。和の精神や秩序を保つことを重視するような企業に所属していた場合、「周囲に合わせなくては」という同調圧力が、精神的なプレッシャーとして重くのしかかってきます。

ピアプレッシャーには2種類がある

ピアプレッシャーには以下の2種類が存在します。

・同調圧力としてのピアプレッシャー(相互監視)

・助け合いとしてのピアプレッシャー(相互配慮)

働き方次第で企業や社員にとってのメリットにもデメリットにもなり得るピアプレッシャー 。

まずは、それぞれの特徴を確認しましょう。

同調圧力としてのピアプレッシャー(相互監視)

同調圧力としてのピアプレッシャーは、多くの社員にとってストレスに感じてしまいます。

他の社員が頑張っているから、自分も同じくらい頑張らないといけない

という考え方は、立派な同調圧力です。

ピアプレッシャーは業務上の相互監視も生みます。お互いに監視しながら働いていたのでは、労働環境は劣悪なものになってしまうでしょう。同調圧力が働きすぎることでストレスの温床となり、作業効率が大幅に落ちてしまうことが懸念されます。

助け合いとしてのピアプレッシャー(相互配慮)

同調圧力であるピアプレッシャーがプラスに作用するケースもあります。相互配慮によって組織の連帯感が高まる効果が期待できるのです。

適度なピアプレッシャーはお互いに励まし合い、助け合うなど、業務を効率化できる可能性があります。社員同士が切磋琢磨できる環境づくりのためには、適度に働くピアプレッシャーが必要だといえるでしょう。

★切磋琢磨できる組織風土をつくりたい方におすすめ:相互に励まし合うコミュニケーションを増やすことで組織の連帯感を高める「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ ピアプレッシャーが強すぎる際の5つのデメリット

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。