社員教育はなぜ必要?社員教育計画の作成方法、プログラムを決めるポイントまでを解説!

毎年春になると、大勢の新卒者が入社してきます。また季節を問わず、中途採用で入ってくる社員も多くいます。新入社員がいち早く社内の雰囲気やルールに慣れるために必要なのが「社員教育」です。しかし、社員教育がきちんと行えていなければ新入社員たちは不安を抱き、路頭に迷ってしまうようなことも……。

そこで今回は、社員教育が必要とされる理由や、新たに内容を見直す際のポイントについて解説します。

1 社員教育とは?

社員教育とは、企業側が社員に対して行うさまざまな教育のことです。社員教育の目的は大きく2つに分かれています。

1つは、社員に対して企業の一員としての意識を持ってもらうこと。仕事をするうえでの社内の共通認識や企業理念など、企業の看板を背負って立つ社員としての意識を育むことを前提に、内容が組まれています。顧客折衝の機会が生まれた際に、企業を代表する人間として接するわけですから、社員としての自覚を持ってもらうことは非常に重要なのです。

2つ目は、仕事に関係する知識やスキルを身につけてもらうことです。戦力として活躍できるよう、企業を挙げて人材の育成に取り組みます。

2 社員教育はどうして必要?4つの理由

社員教育が必要となる理由は、主に以下の4つです。社員のスキル向上といった業務面だけでなく、社外からの信頼を集めるためなど、目的はさまざまです。

1:社員としての自覚を持つ
2:目標意識を持った行動
3:社外からの信頼性を高める
4:社員の能力を高めて社内貢献

2−1 社員としての自覚を持つ

新入社員がこれまでに歩んできた道は多様なものです。新卒者はそれぞれ異なる学生時代を過ごし、中途採用者の場合は、以前に所属していた企業で独自の経験を積んできた人が多くいます。そのため、一度自社の社員としての自覚と共通認識を持ってもらうことが、社員教育の重要な役目です。

新卒者の場合は合わせて社会人としての心構えとビジネスマナーを学びます。報告や連絡の習慣づけから取引先への対応など、社会人としてのいろはを学んでもらうのです。

中途採用者の場合は、これまでの社会経験を活かしてもらいつつも、自社のルールや考え方になるべく早く適応してもらう必要があるため、社員教育の場が必要となります。2−2 2:目標意識を持った行動

新入社員として企業の理念を理解し、売上や社会貢献につながる行動を自主的にとれるようになることも、社員教育の重要な意義です。

2−2 新卒者は社会人としての基礎を学ぶ

新卒者の場合は、各種リテラシーについても理解を深めてもらう必要があるでしょう。SNSなどを経由した情報漏洩や、公共の場で社会人としてふさわしくない行為を取らせないために、しっかりと教育する機会が必要です。企業の看板を背負った社会人として、決して恥ずかしくない行動が取れるようになることが重要といえます。

2−2−1 中途採用者には企業理念に共感してもらう

中途採用者の場合も、企業の理念に共感し、理解してもらう必要があります。企業の発展のためには、今取り組んでいる事業の目的と将来的なビジョンを理解し、それに即した行動をとってもらうことが重要だからです。また、コンプライアンスの厳守については、新卒者と同じかそれ以上に意識して日々の業務に取り組んでもらいましょう。

2−3 社外からの信頼性を高める

社外からの信頼性を高めることも、社員の立派な役割です。普段の業績がどれだけよかろうと、社員1人の不祥事で一気に企業の経営が厳しくなる場合があります。従業員が業務中の不祥事をSNSに投稿して炎上した事例について、覚えていらっしゃる方もいるかと思います。コンプライアンス上の問題を防ぎ、健全な運営を続けることが、周囲の企業からの信頼を集めることにつながっていくのです。

2−4 社員の能力を高めて社内貢献

社員一人ひとりの能力が高まれば相乗効果を生むことがあります。社員同士が切磋琢磨し協力し合うことで、社内の業績アップにつながっていく場合があるのです。そのためには、企業についての深い理解と、ビジネススキル向上のための社員教育が欠かせません。ただし、社員個人の能力や入社からの年数なども考慮して、それぞれのステージに合わせた的確な教育を行う必要があります。

次ページ社員教育で導入すべき5つの内容

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。