社内報ネタ 季節別テーマ24選と社内報づくりのポイント

「次の社内報のネタ、どうしよう?」

「コロナ禍での情報発信のポイントはなんだろう?」

このようにお悩みの人事・広報担当の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、季節別のおすすめテーマとともに社内報づくりのポイントをご紹介します。

この記事を読めば、これまで以上に社内報づくりに自信が持てるようになりますよ。

【季節別】社内報おすすめテーマ24選

はじめに、社内報ネタに困っている皆さんにおすすめのテーマをご紹介します。

季節別にご紹介する計24種類の中から自社に合うネタを探してみてください。

【春】3月・4月・5月

まずは、3~5月の春におすすめの社内報テーマからご紹介します。

春は環境が大きく変わる時期でもあり、特に新入社員に向けたコンテンツが増えることが想定されます。

(1)卒業アルバム特集

3月は卒業シーズンです。社長や役員の学生時代の卒業写真を掲載し、「こんな学生だった」と当時のエピソードを語ってもらいましょう。

また、新入社員が入社して最初の1年間を終えるにあたり、「新入社員」の卒業記念として同期で写真撮影・対談といった企画も考えられます。社内報が卒業アルバムのような役割となり、本人たちが数年後に見返し当時のことを思い出すきっかけになるでしょう。

(2)花粉症対策のお役立ち情報

花粉症対策自体は、これまでも春の社内報ネタとして取り上げられていたかもしれません。

しかし、コロナ禍においては単なる花粉症対策の知識を取り上げるだけではなく、新型コロナウイルス感染症と花粉症を見分けるポイントや、見分けがつかない場合の対応などの内容を盛り込んでみてください。

社員本人やその周りへの感染拡大を予防するため、今だからこそ必要なテーマです。

(3)おすすめの新生活アイテム

新入社員や転勤のあった社員向けに、あると便利な新生活アイテムを紹介する企画です。

特に、テレワークなどオフィス以外の場所で仕事をする、新しい働き方に役立つグッズを紹介すると良いでしょう。「テレワークでの必需品チェックリスト」として、実際にそのアイテムがあって助かったという社員の口コミも一緒に載せると、参考にしやすくなります。

(4)社長・役員インタビュー

定番でもある、社長や役員のインタビュー。

春は新入社員に向けて、さらには組織一丸となってスタートを切る意味でも欠かせない企画と言えます。経営指針や社員へのメッセージなどとともに、社長や役員自身のプライベートな面を盛り込むことで、真面目さと親しみやすさのバランスの取れたインタビュー内容となるでしょう。

(5)新入社員同士の紹介

新しく入社した社員がお互いを紹介しあうという企画です。

もしくは、リレー方式で次の人に答えてもらいたい項目をパスするというのも面白いかもしれません。自分で自分を紹介するよりも、他者のユニークな視点を交えることによって、お互いの意外な一面が見えてきます。

歓迎会など大勢で集まることが難しい今、社内報を通してお互いのことをよく知るきっかけにしてはいかがでしょうか。

(6)5月病予防のポイント

いわゆる「5月病」とは、5月の連休明けに起こる様々な心身の症状を総称したものです。

4月に環境が変わったことで徐々にストレスが蓄積されて、連休で緊張の糸が切れたことで一気に体調を崩してしまいます。

本人が5月病にならないためにどうすれば良いかという視点と、周りの人が5月病にならないために何ができるかという視点を交えて作成すると良いでしょう。

【夏】6月・7月・8月

続いて、6~8月の夏に参考にしたい社内報テーマをご紹介します。

本来はイベントなどが多い時期ですが、現状を踏まえコロナ禍であっても楽しんでもらえるコンテンツを集めました。

(7)梅雨を乗り切る読書のすすめ

雨が続く梅雨だからこそ、家でゆっくり読書ができます。社員の推薦する本を特集し、普段はあまり本を読まない人にも興味を持ってもらうきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

仕事で役立つビジネス本から息抜きになる小説まで幅広いジャンルの本を集め、番外編として漫画の紹介も組み込むとなお面白くなります。

(8)クールビズファッション特集

一般的に5月にスタートするクールビズですが、本格的な夏を前におしゃれな社員の協力のもとファッション特集をしてみましょう。

どこまで自由な服装が認められるのか迷っている人に向けて発信することで、クールビズシーズンの参考になります。

(9)夏バテ・熱中症予防

猛暑が続く日本の夏で、夏バテ対策や熱中症予防は大切です。

会社として社員の健康を管理するという面からも、春の花粉症・5月病対策に続き取り入れておきたい内容と言えます。在宅勤務など室内でも熱中症のリスクはあることを改めて伝え、服装や水分補給など具体的な行動を掲載すると良いでしょう。

(10)七夕に願うこと

七夕といえば、願い事を書いた短冊を思い浮かべます。

子どもの頃は、短冊に願い事を書いて笹に飾る経験は何度もあったかもしれませんが、大人になるとその機会も減ってきます。社員それぞれのお願いごとを掲載してみてはいかがでしょうか。

(11)お悩み相談コンテンツ

新しい仕事にも慣れてきて、仕事の進め方や自身のキャリアについて具体的な悩みが増えてくるこの時期に、匿名でのお悩み相談をコンテンツとして設けるのがおすすめです。

改まって相談する機会がない場合や、相談しにくいと思っている人がいる場合にも、このテーマで社内報を作成するメリットは大いにあるでしょう。

悩みやそれに対する回答は、同じように悩む人を救うきっかけにもなります。

(12)夏休みの思い出

花火大会やキャンプなど、夏は多くのイベントがあるのが常ですが、コロナ禍で気軽に外出できない状況が続いているかもしれません。

その際は「夏休みの予定」や「夏のイベント特集」ではなく、過去を振り返る内容を用意しましょう。子供の頃の夏休みの思い出を社内でインタビューすると、みんなどのような幼少期を過ごしたんだろう?と興味を持ってくれます。

社内報代わりに従業員の日々の貢献をみんなで共有!「Unipos(ユニポス)」

次ページ「秋・冬におすすめの社内報ネタとは?」

課題解決ノウハウをお届け

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記コンテンツ等をご用意しています

  • 具体的な心理的安全性を向上させる実践ワーク
  • メルマガ限定 最新イベント情報
  • 他社の取り組み特選事例