社内通貨導入とは?メリット・デメリットを徹底解説

「従業員の仕事に対するモチベーション維持が難しくなってきたと感じる」

「従業員同士が関わる機会が減り、社内コミュニケーションが少なくなっている」

「テレワークの導入によって、組織としての一体感が希薄になってきた」

このような課題を抱える企業におすすめなのが「社内通貨」を導入することです。

その名のとおり社内限定で使用できる社内通貨は、適切な運用によって、従業員のモチベーション向上、企業の行動指針の浸透、社内コミュニケーションの活性化などといったメリットを享受できます。

本記事では、社内通貨の概要や、社内通貨導入で得られるメリット・デメリットを解説します。併せて、社内通貨の代表的なサービスもご紹介しますので、社内通貨の導入を検討している担当者の方や、社内通貨への理解を深めたい方はぜひ参考にしてください。

1.社内通貨とは?

社内通貨の概要や、今こそ導入したほうが良いと考えられる理由について解説します。

社内通貨とは

社内通貨とは、企業が自社の従業員に向けて独自に発行する、社内限定で使用できる通貨のことです。ただし「通貨」とはいっても、実際の通貨のように紙幣やコインの形で発行することに限りません。むしろ、多くのケースでは「ポイント」を通貨として使用しているのが一般的です。

社内通貨は、給与とは異なるインセンティブとして、2005年頃から導入され始めました。

近年では、社内SNSやビジネスチャットなどの連絡ツールにも取り入れられており、多くのサービスでは、従業員が楽しみながら社内通貨を活用できるシステムになっています。

社内通貨はインセンティブとして扱われるため、毎月の給与などに影響を与えることは基本的にはありません。一方で、社内通貨を福利厚生の一つとして導入することは可能です。

福利厚生として導入した場合は、一定の条件を満たすことで非課税扱いとなる場合があります。

社内通貨の機能

社内通貨の機能を大別すると、以下のとおり「付与・取得」「管理」「使用」の3つに分けられます。

(1)付与・取得 

→感謝や賞賛の気持ちを伝えたい相手に、一定の社内通貨を付与する。また、社内通貨の取得に値する行動を取った・成果を挙げた際などに、一定の社内通貨を取得する。

(2)管理 

→社内通貨の残高や取引履歴などを管理する。

(3)使用 

→社内通貨を商品やサービスなどに交換する。

社内通貨を付与・取得するケースの一例として、以下のようなものが挙げられます。

  • ナレッジ共有やサポートに対する感謝の気持ちとして
  • 業績アップによるインセンティブとして
  • 社内コンテストでの賞品として
  • 成果に対する賞賛として

企業ごとに工夫を凝らし、ユニークな制度を設けて社内通貨を付与しているケースが見受けられます。

ただし、一方的に社内通貨を送る・受け取るだけではなく、相互のコミュニケーションのなかで社内通貨のやり取りをするということが大切なポイントです。

また、貯まった社内通貨を使用するケースの例としては、以下のパターンが挙げられます。

  • 企業が用意した商品やサービス、特典などと交換する
  • 社内経費として使用する
  • 賞与の査定対象とする
  • 現金に交換する

従来は、貯めた社内通貨は商品に交換するだけなどと限定的な利用に限られていましたが、近年は活用方法も広がってきています。

今こそ導入した方が良い理由

社内通貨を導入している企業の多くは、従業員のモチベーション向上や社内コミュニケーション活性化などをおもな導入目的としています。テレワークをはじめとした働き方の多様化が進む今、従業員のモチベーションやコミュニケーションに関して解決すべき課題は増加傾向にあります。

そのため、新しい職場環境のあり方をサポートする手段として、社内通貨を導入する企業が増えてきているのです。

テレワーク時代ともいえる今だからこそ、社内通貨で得られるメリットは大きなものとなるでしょう。

新たなインセンティブの形であるピアボーナスとは?

なお、社内通貨で得られるメリットについて、詳しくは次の章でご説明します。

2.社内通貨導入で得られるメリットとは?

社内通貨で得られるメリットには、大きく分けて以下の3つがあります。

  • モチベーションが向上する
  • 行動指針が浸透する
  • 社内コミュニケーションが増加する

それぞれのメリットについて、以下で詳しく確認していきましょう。

モチベーションが向上する

従業員のなかには、成果が見えやすい業務に携わっている人もいれば、そうでない人もいます。

特に、目に見える成果を出しにくい従業員は、頑張ってもなかなか評価してもらえないという不満を抱きやすいものです。そうした不満は、従業員のモチベーションの低下を招き、最悪の場合は離職につながってしまいます。

社内通貨は目に見える成果に対する賞賛としてももちろん活用できますが、何よりのメリットとして挙げられるのは、ほかのメンバーへのサポートなど表立っては見えにくい行動を評価しやすくなる点です。

さらに、従業員同士がお互いを評価することで、上司が知り得なかった角度から頑張りを認めてもらえるようになるとともに、その評価は具体的な通貨やポイントの形で可視化されます。すべての従業員が「認めてもらえる」可能性を持ち、評価が可視化されることで、従業員のモチベーションは大きく向上するでしょう。

モチベーションが向上すれば、本人のパフォーマンスが向上するだけでなく、チームや組織全体へも良い影響が広がります。

行動指針が浸透する

社内通貨は、企業の工夫次第でさまざまな運用ができる利点もあります。そのため運用方法によっては、自社の行動指針や経営理念を浸透させることにも活用可能です。

具体的には、社内通貨を付与する条件に「自社の行動指針に沿った行動をした」という旨の項目を設定します。すると、従業員は自主的かつ積極的に行動指針に沿った行動をとるようになります。

また、これまで「行動指針に沿った行動」が具体的にどのような行動なのかイメージを持てていなかった従業員にとっては、ほかの従業員が評価されているのを見ることで「自分もこのような行動をとれば良いんだ」と思えるようになるのです。

行動指針が浸透し、一人ひとりが行動指針に沿った行動をとれるようになれば、企業としてのあるべき姿に近づきやすくなり、企業文化が醸成されるでしょう。

社内コミュニケーションが増加する

社内コミュニケーションのあり方は、働き方や価値観の多様化などを背景に変わってきています。そのような中で何も対策を講じなければ、社内コミュニケーションは減少していってしまうでしょう。

そこで、社内SNSやビジネスチャットツールに社内通貨を取り入れれば、コミュニケーションをとること自体がインセンティブ獲得に直結するため、社内コミュニケーションを増加させることができます。

特に近年では、「ピアボーナス」と呼ばれる形で、社内通貨を感謝の気持ちとともに従業員同士で送り合うという運用を取り入れているケースも多くあります。

こうして社内通貨をうまく運用すれば、従業員は積極的に社内通貨を送り合うようになり、社内コミュニケーションの活性化につながります。

社内コミュニケーションの活性化は、社内通貨のやり取りに関することにとどまらず、従業員間での有益な情報共有や、プロジェクトの円滑な遂行を実現し、チーム・組織の連携意識の向上も期待できるでしょう。

3.社内通貨を導入するデメリットとは?

社内通貨の導入を検討するうえでは、デメリットも理解しておかなかればなりません。

以下では、社内通貨を導入するデメリットについて解説します。

コストがかかる

デメリットの一つに、社内通貨の運営には一定のコストがかかることが挙げられます。

基本的には外部のサービスやツールを新たに導入することになるため、導入費用や運用費用が必要です。仮に一から設計するというのであれば、制度構築に関わるメンバーの人的コストやある程度の期間も確保しなければなりません。

加えて、社内通貨と交換できる景品などを用意する必要があれば、その分のコストもかかるでしょう。

そのため、コストと予算のマッチングについては、社内通貨の導入前に十分検討しておく必要があります。また、導入だけでなく長期的な視点で無理のない運用ができるかも必ず確認しておきたいポイントです。

かけたコスト以上の効果を得るためには、社内通貨の利用を浸透させる必要があります。

次にご説明する「使われないというリスク」とも関係しますが、どうすれば利用率を高められるか、どうすれば浸透させられるかを検討したうえで導入しなければなりません。

社内通貨のサービスを提供する会社のなかには、導入から浸透までのサポートを行っているところもあるため、そのようなサービスもうまく活用するとよいでしょう。

使われないというリスク

社内通貨を導入しただけでは、活用されないリスクがあります。

言うまでもなく、社内通貨を使う人がいなければ、期待される効果も得られません。

そもそも使われないというリスクを避けるためには、社内通貨を導入する目的を明確にし、あらかじめ活用方法をきちんと決めておく必要があります。

そのためには、社内通貨の導入前に、社内通貨制度の対象となる従業員にアンケートをとるなどして、解決すべき課題を明確化しておくのもよいでしょう。

加えて、社内通貨導入の際には「スモールスタート」もおすすめです。スモールスタートとは、その名のとおり小規模に始めることを意味します。

最初から全社で社内通貨の利用を始めるのではなく、例えばバックオフィス部門からスタートする、一部の拠点からスタートするなどといった方法があります。

その後は「どうしたら従業員に積極的に使ってもらえるか」など、企業としての効果的な運用方法が見えてきたら徐々に適用範囲を広げていく運用方法で進めることで、使われないというリスクをできる限り少なくすることができるでしょう。

4.社内通貨の代表的なサービス

近年では、社内通貨の導入をサポートするサービスは数多く存在します。

以下では、社内通貨の代表的なサービスを3つご紹介しますので、参考にしてください。

RECOG(レコグ)|株式会社シンクスマイル

株式会社シンクスマイルが運営するチームワークアプリ「RECOG(レコグ)」は、従業員が称賛を送り合える社内コミュニケーションアプリです。

<RECOGのおもな特徴>

・面と向かって伝えにくい称賛も、アプリを通して気軽・簡単に贈り合える

・贈った「レター」は社内のメンバーにもシェアされるため、今まで見えにくかった活躍にもスポットライトが当たりやすくなる

・誰かが贈った「レター」やそのリアクションを参考にすることで、相手をホメるコツがつかみやすくなる

称賛を送り合うことで社内通貨(称賛ポイント)が貯まり、社内への貢献度合いを可視化することができます。

参考:”称賛”で組織の課題を解決する。チームワークアプリ“RECOG”

参考:株式会社シンクスマイル:HOME

THANKS GIFT(サンクスギフト)|株式会社Take Action

株式会社Take Actionが運営するコミュニケーションプラットフォーム「THANKS GIFT(サンクスギフト)」は、「サンクスカード」の仕組みをアプリ化した社内コミュニケーションサービスです。サンクスカードとは、感謝の気持ちを名刺サイズのカードに書いて、従業員同士が送り合う制度を指します。

<THANKS GIFTのおもな特徴>

・企業の理念や行動指針に基づいてカスタマイズした「コイン」を送り合える

・サンクスカードを多く受け取った社員をランキング形式で確認できる

・サンクスカードの送付・受け取りで貯まったポイントは、商品交換や電子マネー換金、SDGsクラウドファンディングサイトでの寄付などさまざまな用途に利用できる

参考:THANKS GIFT サンクスギフト|ありがとうが組織を強くするエンゲージメントクラウド

参考:会社概要|株式会社Take Action

Unipos(ユニポス)|Unipos株式会社

Unipos株式会社が運営するピアボーナスサービス「Unipos(ユニポス)」では、従業員同士が「貢献に対する称賛のメッセージ」と「少額のインセンティブ」を送り合うことができます。

<Uniposのおもな特徴>

・感謝や称賛、激励のメッセージに専用のポイントを添えられ、ポイントはピアボーナスやSDGsを支援するための寄付、組織の社風に沿ったオリジナルな褒賞などと交換できる

・全社員がリアルタイムに見ることのできるオープンなタイムラインで、隠れた貢献や挑戦が可視化され従業員同士の相互理解が深まる

・ハッシュタグ機能で行動指針の紐付けが可能となり、組織全体への企業理念の後押しができる

Uniposは、最小限の時間で感謝・称賛・激励のやりとりが行なえるよう設計されており、従業員の利用率を高めやすくなっています。

参考:Unipos (ユニポス)

参考:会社概要 | 会社情報|Unipos株式会社

5.社内通貨を導入するならUniposがおすすめ

前の章「社内通貨の代表的なサービス」でご紹介した「Unipos」は、初めて社内通貨を導入する企業にもおすすめのサービスです。

Uniposでは、ピアボーナスの形で、社内通貨を感謝や称賛、激励のメッセージの気持ちとともに従業員同士で送り合うという運用が可能です。

例えば、職業柄成果が見えにくく称賛されにくいバックオフィス部門の従業員は、数字では測れない「隠れた貢献」が投稿されることで誰かの役に立っていることを実感でき、モチベーションが向上します。

また、企業文化が薄れてきたと感じられるケースでは、ハッシュタグ機能を使ってピアボーナスの付与・取得を行動指針と紐付けることで、行動指針に沿った貢献が部門・拠点を越えて伝わり、企業文化の浸透を促します。

Uniposのポイントを給与として支給する方法は、次の2通りあります。

(1)原資を企業側で用意し、給与として支給する

(2)Amazonギフト券Eメールタイプを利用し、Amazonポイントとして翌月自動配信する

また、Uniposは給与還元以外でも導入実績が多数あります。社内制度や表彰制度などと組み合わせて、福利厚生費や研修費、交際費として支給することも可能なため、それぞれの企業にマッチした運用方法で社内通貨を導入することができます。

Uniposに関するご質問・ご相談については、まずはお気軽にお問い合わせください。

組織に関する悩みを解消しませんか?改善するためのヒントや実践方法をご紹介!

テスト