相対評価と絶対評価の違い徹底解説!最適な評価制度を決める方法

相対評価と絶対評価の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

相対評価とは、集団内での比較に基づいて評価する方法

絶対評価とは、特定の目標の達成度に基づいて評価する方法

【特徴・メリット・デメリット一覧】

 

相対評価

絶対評価

特徴

集団内での比較に基づいて評価

特定の目標の達成度に基づいて評価

メリット

・競争が活発になりモチベーションにつながる

・基準が作りやすく評価者が評価しやすい

・人件費を予算以内に抑えられる

・透明性が高く評価される側が納得しやすい

・社員のモチベーションアップにつながる

・社員の成長につながる

デメリット

 

・評価される側が不公平感を感じやすい

・モチベーションの低下につながってしまうこともある

・足の引っ張り合いが起こることも考えられる

・評価の基準作りに手間と時間がかかる

・評価者が評価するのが大変

・人件費の予測が事前にできない

・景気などに評価が左右されることがある

従来は相対評価が教育現場でも人事考課でも一般的でしたが、実は、教育現場においては、2002年のゆとり教育導入時にすでに相対評価から絶対評価への移行がされています

さらに、会社の人事考課においても、相対評価から絶対評価へ切り替える流れが大きくなり、絶対評価を採用する会社が増えてきています。

では「絶対評価を採用すればうまくいくのか?」というと、そうではありません。

なぜなら、それぞれの評価制度には上記のようにメリットとデメリットの両方が存在するため、主流だからという理由だけで絶対評価を採用すると、デメリット部分が表面化して会社にダメージを与えてしまうことになりかねないからです。

評価制度に関しては、会社の価値観や評価の目的などを加味した上で自分の会社に合った評価制度を選択することが大切です。

そこで、本記事では、自分の会社にとって最適な評価制度を選ぶために必要な情報全てについて解説していきます。

具体的には下記4点について、詳しく解説していきます。

相対評価と絶対評価の違い

相対評価と絶対評価それぞれのメリットとデメリット

自分の会社に合った評価制度を決める方法

相対評価と絶対評価それぞれを採用している会社の具体的事例

本記事を読むことで、相対評価と絶対評価についての全てを理解でき、自分の会社にとって最適な評価制度を選べるようになりますよ。

1.一覧表で「相対評価」と「絶対評価」の違いを分かりやすく解説!

前述した通り、相対評価と絶対評価の違いについては、下記一覧表の通りです。

 

相対評価

絶対評価

特徴

集団内での比較に基づいて評価

特定の目標の達成度に基づいて評価

メリット

・競争が活発になりモチベーションにつながる

・基準が作りやすく評価者が評価しやすい

・人件費を予算以内に抑えられる

・透明性が高く評価される側が納得しやすい

・社員のモチベーションアップにつながる

・社員の成長につながる

デメリット

 

・評価される側が不公平感を感じやすい

・モチベーションの低下につながってしまうこともある

・足の引っ張り合いが起こることも考えられる

・評価の基準作りに手間と時間がかかる

・評価者が評価するのが大変

・人件費の予測が事前にできない

・景気などに評価が左右されることがある

ただ、上記の一覧表だけでは、相対評価と絶対評価について具体的にイメージしにくいという人もいるかもしれません。

そこで、ここからはそれぞれの評価制度について、さらに分かりやすく解説していきます。

1-1.相対評価とは?

まず、相対評価とは集団内での比較に基づいて評価する方法です。

経験年数や個人の特性が加味されることは基本的になく、集団の中で相対的に優劣をつけて評価が決定されるので、集団準拠評価と言われることもあります。

相対評価では、「S評価10%A評価20%B評価40%」のように基本的には評価の分布割合も決まっていて、集団内での相対的な順位と決められた分布割合に従って、評価を割り振られていきます。

学校教育においては従来、1から5までの決められた分布割合と集団内での位置付けによって評価が決定する『5段階評価』と呼ばれる相対評価が採用されてきました。

集団内の平均点が50になるように調整されて、自分の成績が決まる『偏差値』も相対評価の代表例です。

相対評価の大きな特徴としては、属する集団のレベルによって自分の評価が変わるというところです。

例えば、試験の点数が全く同じだったとしても、属する集団に自分より高い点数の人が多い場合には評価は低くなり、自分より点数の低い人が多ければ評価は高くなります。

人事考課の場でも同様で、優秀な人材が多く揃う集団に属していれば自分の評価は低くなり、そうでない集団に属していれば自分の評価は高くなる傾向があるということです。

2-2.絶対評価とは?

絶対評価とは、特定の目標の達成度によって評価する方法で、目標準拠評価と言われることもあります。

相対評価のように集団内の優劣や順位によって評価が左右されることはなく、評価される側が目標達成のみに集中できるのが大きな特徴です。

学校教育では、個人に合わせた指導を細やかに行うことが求められるようになった背景のもとで、2002年のゆとり教育導入時に相対評価から絶対評価への移行がなされました。

生徒が個々に設定した目標をどれくらい達成できたかといった基準などによって、評価がされるようになったのです。

さらに、人事考課においても、経験年数や個人の特性に基づいた目標を立て、目標達成度によって評価される方法である絶対評価を採用する会社が増えてきました

絶対評価を採用することで、周囲との比較を気にすることなく目標に集中でき、社員のモチベーションアップや成長につなげることができるからです。

さらに、社員のモチベーションや成長をサポートすることは、業績アップや離職率低下のような会社全体への大きなメリットになり得るということからも、絶対評価を支持する会社が増えてきているのです。

これらの理由や時代の後押しによって、学校教育でも人事考課でも絶対評価が主流になりつつあります。

次章からは、相対評価と絶対評価についてより深く理解できるよう、それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

次ページ「相対評価と絶対評価のメリットとデメリット」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。