社内報やる意味ある?社内報の目的と社内報を活用している企業の事例

「社内報を作ろうという声が社内で上がっている。本当にやる意味ある?」

「昔から慣習的に社内報を作成しているけど読まれていない。何のための社内報?」

社内報について改めて考えるとき、その目的や存在意義について疑問を感じる方は多いのではないでしょうか。

社内報のそもそもの大きな目的は「企業の成長」です。

企業の成長を実現することを目指して、企業ごとに社内報の発行目的を設定します。これは企業によって異なりますが、例えば以下のようなものです。

<企業ごとの発行目的>

・社内の情報共有

・コミュニケーションの活性化

・従業員の教育

社内報の目的をきちんと考えることは、とても重要。目的が明確になれば、会社にとって意義ある社内報を作ることができるからです。

 逆に「今のうちの会社には不要だから、リソースを割いてまで作る必要はない」と社内報をやめる判断をすることだって可能です。

 

そこで本記事では、社内報は実際にどんな目的で発行されているのか、企業事例もご紹介しながら、社内報をやるべき会社とやるべきでない会社について解説します。

<本記事のポイント>

社内報は何のためにあるのか?

社内報を有効活用している企業の事例

社内報をやるべき会社とやるべきでない会社

これらの情報は、これから社内報を作った方が良いか悩んでいる方や、慣習的に発行してきた社内報の意義を改めて考えたい方にとって、具体的なヒントとなるはずです。

最後までご覧いただくと、今まで何となくイメージでしかつかめていなかった社内報の目的が、スッキリ理解でき、自社の社内報にまつわる悩みが解決するでしょう。さっそく続きをご覧ください。

 

次ページ「社内報は何のためにあるのか?その目的とは」

組織課題解決のノウハウをお届け メールマガジン登録はこちらから バナーを閉じる