メンターの意味とは?役割やメリット、注意点と事例を解説

すでに導入している企業も多い「メンター」制度。

しかし、「もし自分がメンターに選ばれたらどうすれば良いのか?」と疑問に思う社員や、「メンター制度をこれから導入する場合に理解しておくべきことは何か?」と悩む担当者の方もいるでしょう。

この記事では、メンターの意味や役割、選ばれたときにすべきことなどについて解説します。メンターについての理解を深め、自社の施策にお役立てください。

毎日1分のマネジメント習慣で心理的安全性を高める「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

1.メンターとは?

「メンター」にはどのような意味があり、なぜ必要とされているのか、また、メンター制度とOJTとの違いについて、それぞれ確認していきましょう。

1−1.メンターの語源・意味

「メンター」とは、直訳すると「良き指導者」や「相談者」、「恩師」などという意味を持つ言葉です。

メンターという言葉は、ギリシャ神話に登場する、優れた指導者の名前である「Mentor(メントール)」が語源になっています。

現代のビジネスシーンでは、おもに自分の仕事やキャリアについて指導・助言をしてくれる、信頼のおける相談相手のことを「メンター」と呼びます。

仕事やキャリアについての指導・助言を求める存在というと、上司をイメージするかもしれませんが、一般的には、先輩社員がメンターになることが多いでしょう。

そして、メンターから指導やサポートを受ける、新入社員を中心とした社員は「メンティー」と呼ばれます。メンティーが気軽に相談できるよう、メンターとメンティーの年齢差はなるべく近いほうが好ましいといえるでしょう。

1−2.メンターが求められるようになった理由

メンターが求められるようになった背景には、おもに「働き方や価値観の多様化」と「人材育成にかける時間の縮小」の観点があります。

終身雇用制度や年功序列制度が崩壊しつつある現代では、仕事やキャリアに対する考えが人によって異なってきています。組織風土を醸成したり、チームワークを強化したりするためには、さまざまな考えを持つ人々を早い段階からまとめていく必要が出てきました。

メンター制度では、まず、メンターに組織内の共通言語や共通認識を理解してもらいます。そして、メンター自身が持つ考えやノウハウと合わせて、メンティーに伝承していくことで、組織風土の醸成やチームワークの強化につなげることができるのです。

加えて、働き方や価値観とともに多様化している、仕事やキャリアについての悩みなど、メンティーのメンタル面もサポートし、安心して働ける環境を生み出します。メンター自身も、メンティーの相談に乗ることによって成長が期待できるでしょう。

このように、効果的な人材育成に欠かせない存在として、メンターが求められるようになりました。

1−3. メンター制度とOJTとの違い

「OJT(On the Job Training)」は、仕事の知識やノウハウを、職場での実践を通じて教育する人材育成の手法を指します。

メンター制度では、業務上の接点が少ない先輩社員が指導役を担いますが、OJTでは、直属の上司や同課の先輩社員が指導役となるのが一般的です。

また、メンター制度は、仕事やキャリアについての指導・助言をするだけでなく、メンティーのメンタル面のサポートも目的としており、必要な知識やノウハウを効率的に教え、若手社員を早期戦力化することを目的とするOJTとは、異なるものだといえるでしょう。

リアルタイムなポジティブフィードバックで心理的安全性を高める「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

2.メンターの役割

メンターは、メンティーの上司ではないので、直接仕事を与えることはありません。

メンターの役割は、メンティーが仕事やキャリアにおける悩みや課題を解決する方法を見出すために、サポートすることです。

そして、メンターが一方的にアドバイスや指導を行うだけでなく、メンターとメンティーは、相互コミュニケーションを深める関係でなければならないでしょう。

また、メンティーは、価値観から能力にいたるまで一人ひとり異なります。それぞれのメンティーに適した対応をしていくことも、メンターの重要な役割といえるでしょう。

2−1.メンターのタイプ

日本メンター協会では、メンターのタイプを「話しやすいメンター」と「学びのあるメンター」の2つの類型で捉えています。

話しやすいメンターは、性別や年代、学歴、職歴などにおいて、メンティーと比較的価値観が似ているタイプです。相互にコミュニケーションが取りやすく、メンター制度の目的として、職場や仕事への適応性を重視する場合に適していると考えられます。

一方、学びのあるメンターは性別や年代、学歴、職歴などにおいて、メンティーと比較的価値観が異なるタイプです。違ったものの見方や考え方を相互に学び合えます。また、メンターが、メンティーにない豊富な知識・ノウハウを持ち合わせている場合も、学びのあるメンターのタイプに該当するでしょう。

参考:メンターとは|日本メンター協会(https://www.mentor-kyoukai.jp/about-mentor/)

2−2.メンターに求められる能力

メンターに最も必要とされる能力は、メンティーと向き合うためのコミュニケーション力といえます。

メンティーが本音で話したいと思える存在になるためには、相手の目線や立場を理解したうえで話をしっかり聴く力と、自分の経験をもとに伝える力が必要です。もちろん、高圧的な態度やきつい口調は避けなければなりません。

また、メンティーのことを正しく理解するためには、観察力も求められるでしょう。

観察力が高ければ、メンティーの普段の様子を把握し、不安や悩みを適切に取り除きやすくなります。コミュニケーション力や観察力が高いメンターは、メンティーにとって信頼のおける存在になれるでしょう。

2−3.メンターになることで得られるもの

メンターになった社員は、メンティーの指導役を担うという意識から、新たな責任感が生まれます。自らが行った指導や助言が、メンティーの悩みを解決したり、メンティーの成長につながったりすることで、メンターも自信を得て成長できるでしょう。

また、コミュニケーション力がさらに磨かれるとともに、後輩のマネジメント力も身についていきます。

メンターになって、自分らしい指導・助言方法を考えることは、これまでのキャリアや、身に付けた知識やノウハウなどを振り返るきっかけになるでしょう。自分の現在の立ち位置を見直し、今後のキャリアを考えるきっかけともなるはずです。

2−4.メンターに選ばれたときにすべきこと

メンターに初めて選ばれた方の中には、「何か特別なことをしなくては」と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、メンターに求められるのは、メンティーと自由に対話をして、共に成長していくことであり、「特別な人」である必要はないのです。

メンターに選ばれたら、仕事のことからプライベートなことまで、感じたことや考えていることを、メンティーと素直に・誠実に話すという気持ちを大切にしましょう。

また、メンティーとの対話では、挨拶や笑顔を忘れずに、最後にはお礼もきちんと伝え合うことが欠かせません。

参考:メンターとは|日本メンター協会(https://www.mentor-kyoukai.jp/about-mentor/)

参考:メンタリングとは|日本メンター協会

(https://www.mentor-kyoukai.jp/about-mentoring/)

リアルタイムなポジティブフィードバックで心理的安全性を高める「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ「メンター制度のメリットと注意点」

課題解決ノウハウをお届け

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記コンテンツ等をご用意しています

  • 具体的な心理的安全性を向上させる実践ワーク
  • メルマガ限定 最新イベント情報
  • 他社の取り組み特選事例