組織マネジメントがわかる!管理職の必要スキルと実践フレームワーク

組織マネジメントとは、一言でいえば限られた経営資源を効率的に利用して、最大限の成果をあげるための経営手法のことです。

例えば「自分の会社がうまく行っていなくて悩んでいる」、あるいは「もっと会社を良くしたい」と感じているとき、有益なヒントを与えてくれるのが「組織マネジメント」です。

しかしながら「組織マネジメント」という言葉は漠然としています。

「組織マネジメントって、具体的には、どうやってやればいいの?」

と困っている方も多いでしょう。実際、組織マネジメントに取り組んでいるといいながらも取り組みが曖昧で、成果に結び付いていない企業は数多くあります。

そこでこの記事では、まず知りたい「組織マネジメント」の基本概念から組織マネジメントを行う上で習得すべきスキルまで、組織マネジメントのアウトラインをわかりやすくまとめました。

一読いただければ、既存の記事を読んでもわかりづらかった次の疑問が明確になるはずです。

・具体的に何をマネジメントするの?

・組織マネジメントすると何がいいの?

・必要なスキルは?

・行う前に知っておくべき注意点って?

“組織マネジメントがわかる”ようになれば、今日から現場で活かすことが可能です。さっそく続きをご覧ください。

1.組織マネジメントとは

組織マネジメントとは、組織を効率的に動かし成果を最大化するためのマネジメント手法のことです。

組織は、人材・システム・戦略など、さまざまな要素で構成されています。それらの管理がなされず無法地帯となっていたら、企業の目指す方向へ進んでいくことは難しいですよね。

そこで、組織の経営資源を適切に管理して、目的達成までのコストを最小化するのが組織マネジメントです。企業の経営陣はもちろんですが、現場を管理するマネジャー陣(管理職)にも求められる視点といえます。

具体的に組織マネジメントで管理するべき経営資源は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した「組織の7S」というフレームワークを利用すると、考えやすくなります。

<組織の7S>

①戦略(Strategy)

②組織構造(Structure)

③システム(System)

④スキル(Skill)

⑤人材(Staff)

⑥スタイル(Style)

価値観(Shared Value)

次項で詳しくご紹介しましょう。

あの有名企業も導入!毎日1分のマネジメント習慣で組織風土を改革するUniposとは?詳細資料ダウンロード

次ページ「7つの資源(7S)のフレームワーク」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。