心理的安全性を高めるゲームとは?4つの効果と体験事例を解説!

「心理的安全性」を高めるためには、一人ひとりの意識や行動を変えていく必要があります。

しかし、どのように意識や行動を変え、組織やチーム全体の心理的安全性を高めればよいのか、具体的なイメージが浮かばないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、組織課題解決のため「心理的安全性」を高めたいと考える方へ向けて、「心理的安全性を高めるゲーム」について解説します。

実際にゲームを体験した企業事例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.心理的安全性を高めるゲームとは?

そもそも「心理的安全性」とは、組織やチームの中で、誰でも気兼ねなく発言できるかどうかを表す概念です。

他のメンバーに意見を言っても拒絶されることがなく、たとえ自分が失敗してしまった場合でも安心して共有できる状態が、心理的安全性の高い状態だと言えるでしょう。

一方で、

「トラブルが起きているけれど、上司の反応が怖くて言い出せない」

「新しい業務をよく理解できていないものの、恥ずかしくて同僚に質問できない」

などという環境は、心理的安全性が低いと考えられます。

心理的安全性の低さは、問題の発見を遅らせたり、生産性を低下させたりと、組織やチームに好ましくない影響をもたらす可能性があるのです。

1−1.心理的安全性を高めるゲームの概要

心理的安全性を高めることは、迅速な問題解決や生産性の向上など、企業の成長に欠かせない要素です。とはいえ、心理的安全性の概念は、説明を聞いても理解しにくく、行動に移しにくいのも事実でしょう。

そこで有効なのが、心理的安全性を高めるゲームです。心理的安全性を高めるゲームとは、体験型の研修として楽しみながら、「心理的安全性の高いチームとはどのようなチームなのか」を一人ひとりが考え、理解を深めていくゲームです。

例えば、予期せぬ出来事が生じた際に、他のメンバーはどのように反応するか、また、その反応はチーム全体にどのような影響を与えるかということを、擬似体験していくゲームが挙げられます。

1−2.カードゲーム形式がメイン

心理的安全性を高めるゲームは、カードゲーム形式が中心で、あらかじめ時間を設けチームで集まって実施するものが一般的です。

ゲームに必要なキットをレンタル・購入すれば、いつでも取り組めますが、より深く学びたい場合には、講師の派遣を依頼できるものもあります。

心理的安全性は、状況に応じて生まれる雰囲気が重要な要素になるため、微妙な変化が読み取りやすいオフラインでの実施が一般的です。

ただし、ゲームの種類や講師により、オンラインでの実施が可能な場合もありますので、状況に応じてオフラインとオンラインを比較検討してみてもよいでしょう。

毎日1分のマネジメント習慣で心理的安全性を高め、社内コミュニケーションを活性化させる「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

2.心理的安全性を高めるゲームで期待できる4つの効果

心理的安全性を高めるゲームの実施により、さまざまな効果が見込めます。ここでは、その中でも代表的な4つの効果をご紹介します。

2−1.心理的安全性の概念を理解できる

最も重要な効果として、心理的安全性の概念を肌で感じ、理解できることが挙げられるでしょう。

先に述べたように、心理的安全性の概念は、説明を聞いても完全には理解しにくいものです。

しかし、ゲームを実施することで、「心理的安全性ってこういうことか」と一人ひとりが楽しみながら体感できるため、心理的安全性の基本的な考え方を自然に理解できるようになるのです。

2−2.学びを実践に移しやすくなる

心理的安全性を高めるゲームは、実際のチームメンバーで、現実に起こり得るシチュエーションを想像しながら取り組むものです。

そのため、単にインプットするだけの研修と比べて、ゲームを通して学んだことを、そのまま実践に移しやすいと考えられるでしょう。

また、ゲーム終了後に振り返りの時間を設けることで、さらに実践に移しやすい流れをつくることができます。

2−3.常に考える姿勢が身に付く

チームで心理的安全性を高めるゲームに取り組むことで、一人ひとりの考え方や感じ方の違いを知ることになります。

たった一つの言葉であっても、相手に自分の意図しない影響を与えてしまう可能性もあるのです。

心理的安全性を担保する難しさを体感できるため、細かい点まで常に考える姿勢が身に付くでしょう。

2−4.失敗や懸念がオープンになる

ゲームでは、現実でも起こり得るシチュエーションを仮定し、失敗した場合はどうするか、トラブルが生じた際はどうするかなどと意見を出し合って進めます。

失敗や懸念を積極的に話題にする雰囲気を擬似体験しているため、実際にそのような状況が生じた際にも、失敗や懸念を隠さずオープンにできるでしょう。

結果として、問題や課題の早期解決につながると想定されます。

毎日1分のマネジメント習慣で心理的安全性を高め、社内コミュニケーションを活性化させる「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ「心理的安全性を高めるゲームを紹介」

課題解決ノウハウをお届け

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。

下記コンテンツ等をご用意しています

  • 具体的な心理的安全性を向上させる実践ワーク
  • メルマガ限定 最新イベント情報
  • 他社の取り組み特選事例