モンスター社員5タイプの見分け方とタイプ別モンスター社員の対処法

「この人、もしや、モンスター社員なのでは」と思 ったことはありませんか? 

会社にとって不利益になる言動をする人を「モンスター社員」と呼びます。

実は、昔からこのような社員は企業には存在していましたが、かつて問題社員は閑職(窓ぎわ社員)に回すなど、社内で問題が起きないように、適切な調整や対処がされてきました。

しかし昨今の人手不足により、問題のある社員でも通常業務を任せるしかない状況が、モンスター社員の存在をクローズアップさせています。

職場やチームに問題がある人がいても仕事は進捗・完了させなくてはならない…。

そんな状態でもせめて、モンスター社員への正しい知識と対処法がわかっていれば、周囲がストレスを感じず仕事ができ、さらにうまくいけばモンスター社員の駆逐が出来る可能性もあります。

そこで今回は、

1.モンスター社員の3大特徴
2.種類別 モンスター社員5タイプの見分け方
3.種類別 「今・そこにいる」モンスター社員の対処法
4.モンスター社員を抱えるリスク
5.今後、社内にモンスターを生み出さないためにできること

をまとめました。

最後までお読みいただければ、モンスター社員の理解と見分け方が身につき、適切な対処ができるようになります。

次ページ「モンスター社員の3大特徴と対処法」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

学びを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 「うちの組織、大丈夫?」から、組織運営の未来や改革を進める上での落とし穴、実践のヒントについて情報を得られる無料メールマガジンです。