360度評価の導入失敗で起こる弊害2つと失敗する4つの原因を解説

「『360度評価』の導入に失敗すると、どんな弊害が起こるの?」
「話題の『360度評価』って失敗しやすいと聞いたんだけど、実際のところどうなの?」

このように考えている方も多いのではないでしょうか。

実際、導入に失敗する会社も少なからず存在しています。
しっかりポイントや手順を押さえないと「従業員のモチベーション低下」や「社内コミュニケーション不全」などの弊害を招いてしまうことさえあります。

そこで今回は、以下について詳しく説明します。

・360度評価の導入に失敗すると起こる2つの弊害
・360度評価の導入に失敗する4つの原因
・360度評価の導入を成功させる3つのポイント

この記事で挙げる失敗原因に気を付け「成功する3つのポイント」を押さえれば、導入に失敗する可能性がとても低くなります。

それでは早速、見ていきましょう。

1.「360度評価」の導入失敗で起こる「2つの弊害」

「360度評価の導入に失敗した」という話を耳にすることがありますが「失敗の中身」について語られることはほとんどありません。

そのため本章では「360度評価」の導入に失敗すると起こる「2つの弊害」を知っていただこうと思います。結論からいえば、弊害は以下の2つです。

【導入失敗で起こる2つの弊害】

・従業員同士の「忖度」が当たり前になり、健全な社内コミュニケーションが取れなくなる
・評価にショックやストレスを受けた従業員のモチベーションが低下する

それでは、早速ご覧ください。

1-1.「忖度」が当たり前になり、健全な社内コミュニケーションが取れなくなる

第一に「360度評価」の導入に失敗すると「健全な社内コミュニケーション」が取れなくなります。

「360度評価」は、さまざまなメンバーからのフィードバックを受けつつ、フィードバックも行うのが最大の特徴です。「上司・部下」といった関係は一切なくなり、完全なフラットな状態で各人への評価が行われるのが一般的。

そうした場合に懸念されるのが「従業員間での忖度(そんたく)」です。
お互いに高評価を求めるあまり「余計な発言は控えよう」という守りの姿勢に入りやすくなるのです。

具体的な失敗例をご紹介しますね。

【部下や同僚をもつ課長のケース】

とある会社では、今年から360度評価が導入されることに。
社員向けの説明会では「誰が評価したかわかる」制度設計になっていることがが伝えられました。
説明会後、部下をもつ上司はこう考えました。

「最近の若者は打たれ弱い。厳しく指導すると、部下から嫌われるだろう。『360度評価』で悪い評価がつけられたら困るから、あまり手厳しいことはいわないでおこう」

好評価を得たいので、部下の教育の手を緩めようと考えたのです。

一方、同僚に対しては、以下のように考えました。

「同僚Aは、報連相がなっていないと思う。でも、そのことを率直にフィードバックしたら、自分も悪い評価をつけられてしまうかもしれない。だったら、よい評価を書いておいた方が得だな」

自分も高評価をつけてもらえるよう、同僚の評価は甘くしておこうと考えました。

いかがでしょうか。
このような思惑が働く可能性はゼロではありません。

忖度する従業員が増えると、活発な社内コミュニケーションは減り、互いに対する率直なアドバイスや適切なフィードバックが受けられる機会が、極端に減ってしまうでしょう。

各従業員のパフォーマンスの向上も、当然見込めません。これは非常に困った事態ですね。
会社としては「機能不全状態」に陥ってしまうはずです。

評価制度自体の「実効性」に大きな疑問符がつくでしょう。
「従業員間での忖度」は、「360度評価」の導入失敗で起こる典型的な弊害なのです。

1-2.評価にショックやストレスを受けた従業員のモチベーションが低下する

正しい評価方法をレクチャーしたり、評価ルールをしっかり定めたりしておかないと「コメントの記載ポイント」がずれる可能性があります。

その結果、受けた評価を言葉通り受け取って、ショックを受けてモチベーションが低下してしまう従業員が出てくるのです。
実際にどのようなことが起こり得るのか、具体例をご紹介しますね。

【フリーコメント欄の場合】

「360度評価」のフリーコメント欄で、同僚の気になるポイントを記述させる場合。
「悪いフィードバック例」のような書き方をすれば、モチベーションが急降下してしまう従業員も出てくるでしょう。

【よいフィードバック例】
・報連相ができるようになると、もっと成長できると思います。期待しています!

【悪いフィードバック例】
・報連相ができないなんて、社会人失格だと思います。
・報連相ができていないのが問題です。正直、Aさんとはどう接していいかわからないです。

いかがでしたか。
上記は極端な例ではありますが、受け手の印象は、まるで違うものになりますよね。
指摘しているポイントはほとんど同じにも関わらず、です。

伝え方一つで「成長につながる一言」になる一方「モチベーションを低下させる一言」にもなるということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

「360度評価」では、評価を行う際のルールをしっかりと説明しておかなければ、従業員のモチベーションを低下させたり、ストレスを増幅させたりする危険性をはらんでいるのです。

ここまで「360度評価」の導入によって起こる2つの弊害をご紹介してきました。

「健全な社内コミュニケーション」が取れなくなったり、「モチベーションの低下」を引き起こしたりといった具合に、正しい手順を踏まなければ、さまざまな弊害が起こるのです。

続きまして「360度評価」の導入が失敗に終わってしまう「根本的な原因」について、詳しく解説していきます。

「導入するからには、絶対に失敗したくない!」と考えている方は、是非目を通してくださいね。

次ページ「「360度評価」の導入が失敗に終わってしまう4大原因」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。