フィードバック面談の重要性と実施の方法|気をつけたいポイントまで

「フィードバック面談のメリット・デメリットが知りたい」
「フィードバック面談をしているけれど、正しくできているのだろうか?効果的な方法や注意点を知りたい」

人材の成長にとって、大切な役割を果たすフィードバック面談。

しかし実際にどう進めたらいいのか、どうしたら効果的なのかを理解し実践できている人は少ないのではないでしょうか。

自分の仕事がどう評価され、どんなところが良く、どんなところが改善点なのか、真摯なフィードバックを受けることで、人は大きく成長します。

これから初めて部下にフィードバック面談をするという方、これまで何度もフィードバック面談をしてきたという方も、この機会に一度「フィードバック面談」の基礎知識を確認しておきませんか?

本記事では、以下の4点を詳しく解説します。

・フィードバック面談の必要性
・フィードバック面談のメリット・デメリット
・フィードバック面談の流れ
・フィードバック面談で気をつけたい4つのポイント

通常の面談とは異なる点も多いフィードバック面談、ポイントをしっかり掴み、人材育成に役立ててくださいね!

1.フィードバック面談の必要性

まず、なぜフィードバック面談が必要なのか、その理由を3つご紹介します。

・評価結果の共有を行うことができる 
・課題の認識と解決策の共有ができる
・部下のモチベーションを上げることができる

「フィードバック」とは、もともと工学やITの世界で使われていた言葉です。

人事の世界においては、業務上の成果・行動などの評価を、その当人に伝えることをフィードバックと呼んでいます。

フィードバック面談は、上司が一方的に評価結果と通知書類を部下に渡すだけのものではありません。

ある決まった期間の仕事がどうだったのか、どんな点が良く、どんな点をもっと改善すべきかについて、評価者と被評価者の間で確認し、次になる成長ステップを共に考えていく時間です。

1-1.評価結果の共有を行うことができる

フィードバック面談を実施することで、部下(被評価者とも呼ぶ)に評価を伝えて、結果を共有することができます。

高い評価となった過去の事例なども紹介し、自己評価とのギャップが出た部分の根拠等を示すことで、評価結果の理解・納得度を高めます。

1-2.課題の認識と解決策の共有ができる

評価結果から見えてきた課題を明確にさせ、さらに課題をクリアするための具体的なアクションを自発的に考えさせるなどして、解決策の共有をすることができます。

1-3.部下のモチベーションを上げることができる

前向きなアドバイスや激励を行うことで、部下のモチベーションを上げます。

面談の中で、中長期のキャリア目標にも触れ、目標達成のための具体的な施策などを話し合うことで、さらなるモチベーションアップを図ることができます。

従業員のモチベーションを高める「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ「フィードバック面談のメリット・デメリット」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。