フィードバックには2つの効果がある!効果を最大化する方法を全解説

「部下へのフィードバックには、具体的にどのような効果があるのだろう?」
「実際のところ、本当にパフォーマンス向上につながっているのか?」

あなたはこんな風に、フィードバックの効果について、ちょっと疑問を抱いているのではないでしょうか。

結論からいえば、フィードバックは部下の才能をメキメキと伸ばし、成長を促す効果があります。
代表的な効果は以下の通りです。

モチベーションの向上
パフォーマンスの向上

非常にシンプルではありますが、この2つはビジネスパーソンとして必須のポイント。
上司が是非とも伸ばしてあげたい重要な部分ですから、やらない手はありませんね!

 ただし、注意点があります。それは、なんとなくやみくもにフィードバックを行っても、期待通りの効果は得られないということ。

裏を返せば、押さえるべきポイントをしっかり押さえてフィードバックすれば、モチベーションもパフォーマンスも確実に向上できます。

この記事では、まず「フィードバックで得られる効果」について、くわしく解説します。
さらに「効果を最大化させるフィードバック方法」についても紹介。

今日からすぐに「最も効果的なフィードバック」が行えるようになります!
それでは早速、ご覧ください。

下記のような方におすすめ!

◎「フィードバックの効果」を十分に理解しておきたい
◎メンバーの「パフォーマンスを最大化させるフィードバック」を行いたい
◎メンバーの「仕事へのモチベーションを最大化させるフィードバック」を行いたい
◎一刻も早く的確な「フィードバック」を行えるようになりたい

1.フィードバックを行うことで得られる2つの効果

フィードバックは「部下のパフォーマンス向上」のために行う「客観的なアドバイス」のことをいいます。
このフィードバックには、以下のような効果が認められています。

・モチベーションの向上
・パフォーマンスの向上

本章では学術論文や具体例を交えながら、どうしてこのような効果が得られるのか、詳しく解説していきます。

1-1.モチベーションの向上

フィードバックには、モチベーション向上に役立つ効果が実証されています。

国際教養大学の古田梨乃氏による学術論文によると、相手のよいところをほめる「ポジティブなフィードバック」も、相手の弱点を指摘する「ネガティブなフィードバック」も、「モチベーションの向上」につながる有益なアクションであることがわかっています。

とりわけモチベーションUPに効果的だとされるのが「ポジティブフィードバック」。
継続的にポジティブフィードバックを行った後、しばらくしてから「学習モチベーション」について確認したところ、被験者のうち9人中9人が「もっと勉強したい!」と回答しました。

この研究結果は、成長過程の若年社員にも応用できますね。
積極的にポジティブフィードバックを行うことで、部下の「仕事へのモチベーション」が高まっていくでしょう。

 ビジネスシーンでどのように活用するべきか、具体例を挙げて説明します。

【目標達成できなくてモチベーションが低下している部下の場合】

ある営業部において、なかなか売上目標を達成できない部下がいる場合。
その部下は「一生懸命がんばっているはずなのに、結果が出ない」と、思い悩んでいて、仕事へのモチベーションも低くなっていました。

端的にいえば、自分なりに頑張っているが「どういうアクションや努力が足りていないのか」を自己分析できないがために、目標達成できず、モチベーションも著しく低下している状況です。

そういった場合、経験豊富な上司が、部下の営業に同行し、彼の行動をつぶさに観察するのがオススメです。そのうえで「具体的に足りていないポイント・改善するべきポイント」をフィードバックするのです。

たとえば「お客さまと話をするときに表情が固い」といったことや「ニーズの深堀ができていない」といった具合に、客観的に気になるポイントを率直に伝えるのです。

そうすると「どのような改善・努力をすれば、目標達成に近づけるのか」正しい道筋が描けるようになり、部下は自信をもって前に進めるようになります。

「自信をもって前に進める」ようになると、余計な不安やストレスがなくなり「モチベーション」も取り戻せるようになります。

このような具合に、フィードバックはモチベーションUPに役立つアクションです。
仕事に行き詰まりモチベーションが低下している部下にこそ、フィードバックを行いましょう。

参考:学習者のモチベーションを上げる,または下げない教師のフィードバック

1-2.パフォーマンスの向上

フィードバックは、パフォーマンス向上を強力に後押しするアクションです。

なぜならば、フィードバックを行うことで「自分の弱点がクリア」になり、正しい改善・正しい努力ができるようになり「アウトプットの精度」が向上するからです。

1. 弱点の認識-「自分に足りていないポイント」や「弱点」がクリアになる
2. 改善への近道-「正しい改善・正しい努力」ができるようになる
3. アウトプットの精度UP同じ失敗を犯さない/期待以上の成果を挙げる

具体例を用いるとわかりやすいと思います。
どういうことか、説明しますね。

【自分の問題点がわかっていない新人にフィードバックした場合】

新人コピーライターは、ある化粧品メーカーのクライアントから、新商品のキャッチコピーを任されました。国内トップクラスのクライアントだったので、新人は大張り切り。要求に応じて、100本のコピーの作成を目標にしました。

新人は、寝る間も惜しんで一生懸命コピーを考えて、プレゼン当日を迎えました。
しかし、いざキャッチコピーを提案してみると、「採用したいコピーがない」と再提出を求められてしまいました。

クライアントが納得するコピーを、1本も作れなかったことにがく然とした新人は、経験豊富な上司に相談。

そこで、上司がクライアントの話をよくよく聞いてみると、キャッチコピーの軸になる「ターゲットの年代」が、明らかにずれていることが分かりました。

新人は、ターゲット設定を見誤っていたのです!

それに気づいた上司は、新人にすぐさま「クライアントのニーズをしっかりと把握できていなかったこと」をフィードバックしました。
加えて、今後は、漏れなく要望を聞き出し要件を確定させるための「ヒアリングシートの作成」も提案しました。

新人は、自分では認識できなかった「不足スキル」と「同じ失敗をしないための具体的な方法」がわかったので、パフォーマンスが劇的に向上。結果として、優れたキャッチコピーが作成できるコピーライターになりました。

このような具合に、フィードバックはパフォーマンスUPに役立つアクションなのです。

ここまでの解説を通して、フィードバックは「モチベーション」と「パフォーマンス」の向上に貢献する優れたアクションだということが、ご理解いただけたのではないかと思います。

次章では、実際にフィードバックを行う上で「絶対に押さえるべき基本ポイント」5つをご紹介します。
これら5つのポイントを押さえれば、フィードバックの基本はパーフェクトです。

 是非、こちらも目を通しておいてくださいね。

従業員のモチベーションを高める「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ「フィードバックをする上で絶対に押さえるべき5つのポイント」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。