モチベーションマネジメントで組織を活性化!理論・施策・成功例を紹介

「ここ数ヶ月自社製品の売上が伸び悩んでいるうえ、社内に活気が感じられない。社員の仕事へのモチベーションが下がっているのではないか」

あなたはこのような疑念を抱いて、当サイトにたどり着いたのではないでしょうか?

活気が感じられない職場は嫌なものですね。

やる気のなさが満ちている職場に良い業績など望むべくもありません。

 

この記事では、社員のモチベーションをどうしたら維持・向上させられるか、その施策、代表的なモチベーション理論の概要、モチベーションマネジメントの成功例をご紹介します。

従業員のみなさんがやりがいを持って生き生きと仕事に取り組めるような環境づくりをお手伝いできれば幸いです。

1. モチベーションマネジメントとは

モチベーションマネジメントとは、社員が高いモチベーションを持って仕事に取り組めるように、企業が行う施策・管理のことです。モチベーションとは「行動を起こす際の原動力になる動機」のことで、この動機には大きく分けて「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」の2種類があります。

1-1. 内発的動機づけ

内発的動機づけとは「仕事に対する興味や関心により社員自身の心の中から湧き出るモチベーション」を指します。自己成長や自己実現に向けたモチベーションなので、会社からの強制ではない資格の勉強を自主的にするといった社員が自らやりたいと考えて行動するものが該当します。

内発的動機づけでは仕事をすること自体が目的になるので、高い集中力が発揮され、質の高い行動を自発的に長く続けることができます。

1-2. 外発的動機づけ

外発的動機づけとは「目的意識から発生するモチベーション」のことを指し、外部からの働きかけにもとづく動機づけです。例えば「家族を養うために働く」「評価されたいから頑張る」といったものが該当します。

昇給や昇格などで個人の実績を正しく待遇に反映できるシステム(人事評価)があれば外発的動機づけを短期的に維持することはそれほど難しいことではありません。しかし、長期的に見れば外発的動機づけのみでモチベーションを維持することは難しいとされています。

企業において最も理想的な状態は、従業員一人ひとりが内発的動機づけを高い状態で維持することです。しかし現実的には、内発的動機づけだけでは不十分で、モチベーションをマネジメントするためには、従業員の内発的動機づけを維持しつつ、内発的動機づけを生み出すきっかけとして外発的動機づけを活用することが大切になってきます。

以下、具体的な人事施策を見ていきましょう。

毎日1分のマネジメント習慣で従業員モチベーションを高めるUniposの詳細はこちら

次ページ「従業員モチベーションを向上させるための人事施策4点」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。