サンクスカード4つのデメリット|導入時のポイントと注意点を紹介

「サンクスカードって、メリットばかり聞くけどデメリットはないの?」

「サンクスカード導入を検討しているので、メリットだけでなくデメリットも知りたい」

感謝の気持ちをカードに書いて従業員同士で送り合うサンクスカードの取り組みは、近年導入する企業が増加し注目を集めています。

「従業員同士の関係が良くなった」「組織のモチベーションが上がった」など様々なメリットが取り上げられていますが、実はデメリットもあります。

そこでこの記事では、

1.サンクスカードの4つのデメリット

2.サンクスカードの効果と4つのメリット

3.サンクスカード導入時の2つのおすすめポイント

4.サンクスカード導入時の注意点

をご紹介します。メリットはもちろん、デメリットもしっかりと把握しておけば、サンクスカードの導入に失敗しません。

デメリットを軽減させるためのポイントも伝授しますので、ぜひ最後までお読みください。

1.サンクスカードの4つのデメリット

サンクスカードには、主に4つのデメリットがあります。

1.導入してから効果が出るまで時間がかかる

2.ウェブやアプリで運用する場合には費用がかかる可能性がある

3.紙で運用した場合、途中で行き詰まることが多い

4.人によっては、サンクスカードを送り合うことが苦痛と感じる場合もある

以下1つずつ解説していきます。

1-1.導入してから効果が出るまで時間がかかる

現在、サンクスカードの運用方法には「紙」もしくは「ウェブやアプリのサービスを利用する」の2種類があります。

紙で運用する場合でも、ウェブツールやアプリを利用する場合でも、サンクスカードは導入からある程度の時間が経たないと効果が出ません。

利用者が新しい施策に慣れるまで一定の期間が必要であり、試行錯誤する時間も必要だからです。

できるだけ早くサンクスカードアプリの効果を出したいというのであれば、従業員同士がが喜んでサンクスカードを送りたいと思えるような「仕組み」や「仕掛け」が必要になってきます。

「仕組み」や「仕掛け」については、3章で詳しくご紹介します。

1-2.ウェブやアプリで運用する場合には費用がかかる可能性がある

サンクスカードを送り合えるアプリやウェブサービスなどを利用する場合、導入費用・使用料がかかる場合があります。企業規模、利用者数、オプション追加などによって費用は変わってきますので、事前に調べておくことが必要です。ちなみに、社内でそうしたアプリやウェブサービスを開発するケースもありますが、中途半端な形で作ってしまうと、結局浸透せず使われなくなってしまうことも多いようです。

┗参考:サンクスカードアプリで社内の活性化を!導入ステップ、事例を紹介

1-3.紙で運用した場合、途中で行き詰まることが多い

サンクスカードを紙で運用した場合、途中で行き詰まってしまうことが多くあります。

紙の場合導入を開始する前の事前準備や費用面は手軽なのですが、以下のように人の手で行う作業が多く、運用の負担がかかってきます。

・カードを集計する手間がかかる

・店舗や支店が多かったり、離れている場合はカードを送るのに手間がかかる

・資源や保管場所の問題が起こる可能性がある

・手書きする手間、手書きが苦手な人もいる

まず、サンクスカードの数が増えれば集計にも時間がかかり、従業員数の多い大企業であれば集計のために複数の人員が必要になる可能性があります。また、店舗や支店が多く離れている場合には、カードを送るのに物理的な手間がかかります。

アプリで運用する場合と違って、紙は保管する場所が必要となり、企業規模が大きい場合は、名刺サイズとはいえ膨大な量の紙を消費することになります。

そして書く側の問題として、中には文字を書きたくない(字が汚い)、手書きが面倒という人もいますから、サンクスカードを書くのが辛い・面倒となり、そうした従業員からは積極的な参加を引き出すのが難しくなります。

以上のような理由で、紙で運用していくと途中で行き詰まってしまうことが多いのです。

1-4.人によっては、サンクスカードを送り合うことが苦痛・気持ち悪いと感じる場合もある

サンクスカードを苦痛・気持ち悪いと感じる人もいます。

もともとコミュニケーションが苦手なタイプは積極的にサンクスカードを送ろうとしない傾向があり、「やらされ感」を感じてしまうことが多くなります。

ウェブやアプリ利用の場合は、紙のサンクスカードよりも抵抗感は薄れますが、人に感謝すること・されることに慣れていない人にとっては、気恥ずかしさを感じてしまうこともあります。

それ以外にも

・手書きで「感謝気持ちや褒める言葉を書く」行為についてプレッシャーを感じる

・手書きの場合は、自分の書く字に自信がないので、書きたくない気持ちが強くなる

・どんな言葉を送ればいいのか考えるのが面倒くさい

・感謝の気持ちを伝えるのも、伝えられるのも、慣れていないので気持ち悪い

・サンクスカードをたくさんもらった人たちをランキング表にして社内に貼り出すのが気持ち悪い

・サンクスカードを送り合うという行為自体が気持ち悪い

・業務だけで手一杯なのに、サンクスカードを書くために時間を割かなくてはいけないのがイヤ

・感謝する内容、褒める内容がマンネリ化してしまい、なんとなくやらされている感じ

といったように、サンクスカードをポジティブに受け取れないという意見は様々存在します。

運用工数をかけずに効果的なサンクスカード運用を実現する「Unipos」の詳細はこちら

次ページ「サンクスカードの効果と4つのメリット」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。