人事制度とは?図解でまるごとわかる基礎知識と現場で役立つ最新情報

人事制度とは企業が人材を管理するための仕組み全般のことです。

広く捉えれば働き方に関する仕組みなども含まれますが、近年では「従業員の処遇を決定する仕組み」に絞って「人事制度」という言葉を使うことが多くなっています。

従業員の処遇を決定する仕組みは「等級制度評価制度報酬制度」の3つの柱から成り立っています。

「人材こそが企業を動かす源」であることは、いうまでもありません。人材の管理を行う人事制度は、企業を成長させる原動力です。人材マネジメントの第一歩は、人事制度を理解するところから始まります。

逆に、人事制度を正しく理解しないまま企業の組織運営に携わることは、自社の持つ人材のポテンシャルを潰すことにもなりかねません。経営者・人事担当者・マネジャー……どんな立場であれ、人事制度への理解は必要不可欠です。

そこで本記事では、改めて押さえておきたい人事制度の基礎知識をスムーズに理解できるよう、図解を交えながらわかりやすく解説。

さらに、現場ですぐに役立つ情報として、

  • 現代の人事制度にまつわる問題点
  • 新たに注目されている人事制度
  • 人事制度を見直すべきタイミング
  • 人事制度を改革するときの注意点

…といった内容も盛り込みました。

「初めて人事の仕事に携わる」という方から「会社の人事制度を変えたい」という方まで、本記事を通して人事制度の理解を深めていきましょう。

 

1. 人事制度は3つの柱から成り立っている

冒頭でもお伝えした通り、人事制度とは「企業が人材を管理する上で基本となる仕組み全般」のことで、等級制度・評価制度・報酬制度の3つの柱から成り立っています。

それぞれ詳しく解説します。

1-1. 等級制度

1つめの柱「等級制度」は、能力のレベルや職務内容に従って定められた「等級」に基づいて、従業員の社内での位置付けや給与を決定する制度のことです。

等級制度では、それぞれの等級ごとに、以下のポイントを定めます。

  • どのような役割が求められているのか?
  • どのように行動してほしいのか?
  • どのような能力が必要なのか?

このような等級を設定するメリットは、大きく分けて2つあります。

1つめは、等級制度によって「組織がどんな人材を求めているのか」が明確になるため、社内のキャリアステップの指標となるということです。

「課長とは」「部長とは」「取締役とは」と定義が明らかになるため、社員はそれを目指して努力することができます。

2つめは、「評価制度」「報酬制度」の設計がしやすくなるということです。

等級制度で定義した役割や能力と現状を比較することで評価が可能になります。また、等級によるランク付けは、報酬の差として反映することができます。

以上から、等級制度は人事制度の中でも、特に重要性が高く「骨子」となる制度といえるでしょう。

1-2. 評価制度

2つめの柱「評価制度」は、その名の通り従業員を評価するための制度です。評価の基準が不明瞭では、正当な評価ができません。従業員からの不満も噴出するでしょう。

そこで、評価制度によって以下の点を明確にする必要があります。

  • 何をどのように評価するのか?
  • いつ評価するのか?
  • 誰が評価するのか?

採用している評価制度は、各企業ごとにさまざまなパターンがあります。以下は、評価制度の一例です。

評価の名称

評価の対象

能力評価

判断力や統率力のように、仕事をする過程で発揮していた能力を評価の対象とする。定性的な評価となるため、曖昧なものになりやすい。

情意評価

積極性や法令順守(コンプライアンス)など、仕事の取り組み姿勢や勤務態度を評価の対象とする。能力と同様に曖昧な評価になりやすい。

成果評価
(業績評価)

売上目標の達成度や生産個数のように仕事であげた実績(業績)を評価の対象とする。目標管理制度が用いられることが多い。

コンピテンシー
(行動特性)評価

業績に結び付く行動を評価の対象とする。高業績者の職務行動を分析して評価基準が作成される。実際には能力・情意評価とほぼ同じもの。

バリュー評価

会社の経営理念の実践度などを評価対象とする。昇進者を選ぶときの参考情報とされることがある。導入している会社は少ない。

出典:労務行政研究所『はじめて人事担当者になったとき知っておくべき、7の基本。8つの主な役割。』労務行政,2017,P.97

この中で、現在国内で多く採用されているのは「成果評価(業績評価)」です。成果評価を採用している人事制度は「成果主義型」と呼ばれます。

このように評価制度を使って評価した結果は、報酬や人材配置などに反映されます。従業員を評価することによって、その従業員の強み・弱み・改善点などが明確になりますから、成長を促す効果もあります。

1-3. 報酬制度

3つめの柱「報酬制度」は、給与・賞与などの報酬を決めるためのルールです。前述の「等級制度」「評価制度」とリンクしており、等級および評価に基づいて報酬が決まります。

実際の運用例を見てみましょう。

このように、「等級制度」「評価制度」「報酬制度」の流れで報酬が決定するのが、一般的な人事制度の仕組みです。

バリューを体現する貢献を見える化する「Unipos(ユニポス)」の詳細はこちら

次ページ「人事制度の目的と役割」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。