チームビルディングの方法|チームの成長段階によって方法は異なる

「どうやってチームビルディングを行なえばいいのだろう」
「理想のチームをつくるにはどうすればいいのか」
など、チームビルディングの方法がわからず調べている方は少なくないでしょう。

ずばり、理想のチームとなるまでには成長段階があります。そして、チームビルディングの方法は、この成長段階によって異なります。
チームビルディングには様々な方法論が存在しますが、「全く知識がない」「なにから手をつけたらいいかわからない」といった場合には、まずは、この成長段階に応じたチームビルディングの方法を掴むところからはじめるのが良いでしょう。

この記事では、

・そもそもチームの成長段階とは(1章)
・チームの成長段階別!チームビルディングを推進する方法(2章)

についてご紹介いたします。チームビルディングの方法について調べている方は、ぜひ参考にしてください。

1.チームビルディングの方法はチームの成長段階によって異なる!

「チームがどのぐらい成長している段階にあるか」チームの成長段階によって、チームビルディングを推進するためにやるべきこと(チームビルディングの方法)は大きく異なります。

 「できたばかりのチーム」と「ある程度、成熟しているチーム」との比較で考えてみると、わかりやすいかもしれません。
「できたばかりのチーム」と「ある程度、成熟しているチーム」とでは、チームの状態や抱えている課題が違うことは容易にイメージしていただけるのではないでしょうか。状況や課題が違えば、やるべきこと(チームビルディングの方法)が違うのは当然です。

とすると、チームビルディングの方法を探るうえで、まず明らかにすべきは「チームが現状、どのぐらい成長している段階にあるか」という点です。
アメリカの心理学者、ブルース・W・タックマンが提唱した[タックマンモデル]では、チームの成長段階は、

形成期
混乱期
統一期
機能期
散会期

5段階あるとしています。

[タックマンモデル]

形成期
Forming

初期段階。チームメンバーが決まり、チームが形成されたばかり。

[形成期のチームの特徴]
・チームメンバーは、お互いのことをよく知らない
・チーム内には不安や緊張感がある
・チームメンバーはお互いに遠慮があり、本音を隠している
・目標が定まっていない、もしくは、目標に向かってどう役割分担をして進めていくかが定まっていない
・リーダーに説明を求める
・リーダーからの指示を期待する

混乱期
Storming

チームで仕事をはじめると、考え方・主張・価値観・仕事のやり方などの違いが明らかとなり、メンバー同士の対立や衝突が起こる。

[混乱期のチームの特徴]
・本音の発言が出るようになる
・チームメンバーがそれぞれ独自のアプローチで目標に向かって動き出す
・チームメンバーそれぞれの役割や責任が明確になっていない
・メンバーの関心・意識は、チームの目標ではなく、各メンバーの行動や考え方に向きがち
・チーム内にヒエラルキーを気にする動きが生じる
・影響力の強いメンバーが他メンバーの意見をつぶしてしまうことも
・衝突を嫌う人も多いため、一見すると衝突していないように見えて内心不満を抱えている場合もある

統一期
Norming

チームメンバーがそれぞれの考え方・主張・価値観・仕事のやり方などを容認し、チーム内のルールが確立。チームが安定し、一体感が生まれる。

[統一期のチームの特徴]
・チームメンバーがお互いに考え方・主張・価値観・仕事のやり方などの違いを容認
・チームメンバーそれぞれの役割や責任が明確になる
・チーム内のルールが確立される
・これまで発言をしなかった人が発言するようになる

機能期
Performing

チームが一丸となって目標に向かい、成果を上げることができる。チームとして理想的な状態。

[機能期のチームの特徴]
・チームの成果が出る
・チームが一丸となって目標に向かっている
・チームメンバーは信頼関係を構築できている
・リーダーの指示がなくとも、チームメンバーは主体的に動く

散会期
A
djourning

 

 

プロジェクトの終了、状況の変化、チームメンバーの異動・退職などで、チームは解散を迎える。

[散会期のチームの特徴]
・一定の成果を出した結果、次に目指すべき方向性・やりたいことにズレが生じる
・昇進、異動・退職を考えるチームメンバーが現れる

上記の表を確認いただき、「チームが現状、どの成長段階にあるか」を確認してみてください。これからチームビルディングを考えているチームの場合、多くは形成期もしくは混乱期だと予想されます。

チームの成長段階を確認したところで、いよいよ下記2章にて、チームの成長段階別にチームビルディングの方法を解説してまいります。

マネジメント層必見!組織風土改革のプロセスや重要なポイントは●●にあり!無料ウェビナー開催中

次ページ「チームの成長段階別!チームビルディングを推進する方法」

本質的な課題と向き合える

メールマガジン登録

気づきを得られる、試してみたくなる、動きたくなる。 組織改革や人材育成に関するヒントが詰まった、管理職や人事のための無料メールマガジンです。